これからの時代を生きる力

“働く=自分の命を削る”コト 労働の本質と働き方を考えよう  

みなさんは「働く」ということを、どのように考えておられるでしょうか?

  • 苦労して汗水を垂らして働くもの
  • 自分の成長に繋がる
  • 労働は尊いものだ

人それぞれ、答えはあるでしょう。

どのように考えるかは、個人の自由だとも思います。

しかし、「労働の本質」について知っておくことは、大切なことだと思うのですね。

それは、

  • 私たちはどんな社会に生きていて
  • ”働く”とは、一体どういうことなのか?

について、学ぶことを指しています。

今回は

働くってどういうこと? 

というお話しを、させて頂ければなと思います。

 

「雇われる」か「雇われない」か

アルバイト・就職・起業。

働き方には様々な形があり、私たちはその中から好きなものを選択することが出来ます。

ここで重要なのは、働き方は大きく二つに分けられるということです。

まず一つ目は、「雇われない」働き方です。

会社を経営している社長さんや、個人事業主の方は、自身が主体となって経営を行います。

上司からの指示・命令を受けることはなく、自分自身がルールです。

  • 出社時間
  • 支払われる給料
  • いつ休むか
  • どの取引先と付き合うか

すべてを個人で決定することが出来ます。

ただし、すべての責任は経営者である自分自身に降りかかってきます。

利益が出ない、投資に失敗した、社員がいうことを聞いてくれない。そんな周りのせいにしたくなるようなことも、自身の責任だと考えなければなりません。

自由が手に入る一方で、責任のすべてを負うのは自分自身。

そんな働き方です。

二つ目が、「雇われる働き方」です。

私たちは会社で働く際、始めに会社との契約を結びます。

「これだけの労働を提供するので、その対価(給料)を頂きます」

という契約です。

言い換えるとこれは、対価分しか、私たちは働く必要がないことを意味しています。

 

サラリーマンにとって大切なのは、結果よりも協調性

経営者にとって売上は、企業が生きるか死ぬかの死活問題です。

売上がなければ、社員に給料は支払えず会社を畳むしかありません。もし借金を背負おうものなら、倒産後もお金を返し続ける必要が出てきます。

一方、サラリーマンにとって、結果はそれほど重要視されません。

上司から目標を達成するように、発破をかけられることはあっても、もらえる給料に大差はありません。(主に日系企業についてのお話です。外資系では、成果主義が導入されていることも多いです。)

ある会社では、営業成績トップと最下位のセールスマンの給料差が、数千円しかなかったそうです。

私の周りを見渡していても、仕事のある人/ない人はハッキリと分かれています。

片方はどんどん結果を出し、仕事が集中する一方で、仕事がなく暇そうにしている人たちがいます。

けれども、忙しい人も暇な人も、自分のやれることをやって、少なからず会社に貢献しようとしています。

会社員にとって重要なのは、結果ではなく、「上司の意見を受け入れ、周囲と協調する能力」なのです。

そう考えると、サラリーマンはお気楽な身分なのかと言われますが、そんなことはありません。

出勤時間、働く場所、休みの日など、自分で自由に決めることは出来ません。休日出勤を命じられたら、「はい!行けます!」と返事をし、

会社に転勤を命じられたら、素直に受け入れるしかないのです。

自分の意思で環境をコントロールできないのが、サラリーマン最大の欠点だと、私は思っています。

 

会社の利益

サラリーマンの特徴として、正社員、アルバイト、派遣社員といった区分が存在します。

区分によって、給料や責任の違いはあるものの、会社側からみると本質的に変わりはありません。

つまり、「労働者はあくまで労働者にすぎない。労働者を働かせることで、お金を生み出していく」という考え方です。

企業は私たち労働者を使って、利益を増やそうとします。

例えば、衣服を販売する会社であれば、服を仕入れて販売します。

200円で仕入れて、1000円で売れた場合、その差額800円が利益となります。

その過程では、仕入れた商品に労働者の「労働の価値」が加わることによって、利益が生まれるわけです。

これを図式にすると以下のようになります。

 

仕入れ(200円)+労働者の価値(800円)=販売額(1000円)

 

仕入れ(200円)に労働者の価値(800円)が加わって、1000円で売れるようになるのです。

 

労働者の価値

労働の価値というのは、労働者が商品に手を加えた価値を意味します。

例えば、

  • 服を売るために、キャッチコピーを用意した
  • 服を縫い合わせて加工した
  • 商品を販売先まで運んだ

これらはすべて、労働によって生み出されています。この労働によって生まれた価値が、商品の価格に上乗せされるのです。

 

利益を増やすためにはどうする?

それでは企業が利益を上げるためには、どんな方法があるのでしょうか?

例えばこんな方法があります。

  1. 仕入れを安くする
  2. 労働者を長時間働かせる
  3. 販売額を上げる
  4. 生産性を上げる

1.仕入れを安くする

物を仕入れる時の値段を安くします。

具体的には、

  • 大量に仕入れる
  • 取引先との友好関係を深める

ことで値段を下げます。

私が商社で働いていた頃、上記の方法が実践されていました。

商品は大量に仕入れて、1個当たりの値段を下げる。

あるいは、取引先との関係を密にすることで、「君の所だから、少し値引きしとくよ〜!」といったやり取りが日常的に行われていたのです。

 

2.労働者を長時間働かせる

2015年、電通で働いていた新入社員が、長時間労働を課せられていた事実が発覚しました。他の飲食チェーンでも、同様の問題が指摘されています。

その影響から、「ブラック企業」、「ブラックバイト」なる言葉まで出てきています。

先ほどお話したように、私たちは企業との間に契約を結んでいます。

労働の対価(給料)分しか働きませんよ

と。

本来であれば、残業をしたり、休日出勤が発生した場合、その賃金を払う義務が会社にはあります。けれども実際には、

  • 残業代が支払われていない会社
  • サービス出勤にしてしまう会社

が世の中には存在します。

このように、企業は利益を上げるために出来るだけ安い賃金で長時間働かせようとします。

 

3.販売額を上げる

優れた商品を生産して、価格を吊り上げようとします。

 

そのためには、商品により高い「価値」を付加する必要があります

価値があれば沢山の人が商品を欲しがるので高く売ることができるのです。

例えば、ライメックスという会社があります。

この会社は、石で作られた紙、通称ストーンペーパーを作り出し、世の中に衝撃を与えました。

ストーンペーパーは、ライメックスでしか作れない商品であり、他社には真似出来ない価値があります。

この場合、多少値段が高くても、商品は売れてしまいます。

なぜなら、”ここでしか手に入らない”価値が、加わっているからです。

値段を上げるために、企業は専門的な技術や特別な仕組みを作り、価値を生み出そうとします。

あわせて読みたい
石灰石で作られたLIMEX(ライメックス) 木と水を使わない紙?紙を作るためには、大量の水を使う必要があります。 1トンの紙を生産するために、 約20本の木 100トンもの水 が、...

 

 

4.生産性を上げる

短時間で、より多くのものを生産しようとします。

例えば、A社はBという商品を作っています。

Bは1分間で10個しか作れません。同業他社も同じ量しか生産することができません。

しかし、A社は優れた機械を導入することで、1分間で倍の20個を生産出来るようになりました。

このように、新しい技術を発明することによって、生産性を上げようとします。

この代表例が、18世紀にイギリスで起こった産業革命です。

下記の記事に詳しくご紹介しています。

あわせて読みたい
技術を磨いておくと、いつの時代も生き残れるかもしれない商社で働いている時、取引先の技術者さんに、機械に対する技術を教えてもらってました。 技術を持っていれば、人を助けることが出来て、業界の...

 

 

労働者の負担

利益を増やしたい企業は、より高い価値を商品へ付加するため、労働者に厳しい労働を強いることになります。

その結果、

  • 労働時間が増える
  • 長時間労働が蔓延する

という「ブラック企業」問題へと発展してしまうのです。

また技術革新によって、労働者の負担は減ると思われます。

「人間がやっていた仕事は、機械が変わりにやってくれる。人間は、働く必要がなるんだ」と。

しかし、イギリスの産業革命を振り返るとわかるように、むしろ機械の導入によって仕事は増えてしまいます。

なぜなら、人の仕事を機械が奪った結果

  • 機械を操作する
  • 機械のメンテナンスを行う

といった、「他の仕事」が生まれてしまうからです。

その結果、「機械を使っているはずの人間が、機械に使われる」という逆説が起こってくるのです。

 

働くことは命を売っているのと同じ

私たちは、働くことの対価としてお給料をもらいます。

例えば、1か月に20万円の給料をもらっている人ならば、以下のように考えることが出来ます。

一日の労働時間(8時間 × 働く日数(20日)) = 総労働時間(160時間)

給料(20万円 ÷ 総労働時間(160時間) = 時給(1250円)

 

つまり、私たちは1時間を1250円で提供して、お給料をもらっていることになります。

 

そして、その提供している時間とは、私たちの命そのものです。

 

80年生きると考えた場合、

一日24時間×365日×80年=700,800時間しか、私たちの寿命はない

と言えるでしょう。

 

私たちは気づかない間に、そんな大切な命ともいえる「時間」を提供して、お金をもらっているのです。

与えられた寿命と言う時間を削って、私たちは生きている。

ろうそくの灯火が減っていくように、私たちの命も常に削られ続けている。

そして、削られている時間=命 である。

その事実に皆さんは、気づいておられるでしょうか?

 

最後に

何気なく過ぎていく日々。

そんな当たり前の毎日を過ごしているうちに、知らず知らずのうちに大切な時間は減っていきます。

「本当はやりたい事があったんだけどな。」

「もっと違う道があったんじゃないだろうか。」

気づいた時にはもう手遅れ!

ということがないようにもう一度、「時間」を使って働くことの意味、について考え直したいですね。