MENU
読書

資本主義のルールを知らなければ、負け続けるしかない | マルクスの資本論から学ぶ

大学時代から本を書いていたという「小暮太一」さん。

作家やコメンテーターを務められており、説明がわかりやすいと定評があります。

小暮さんの著作としては、

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
今までで一番やさしい経済の教科書

などが有名です。

created by Rinker
¥1,430
(2022/12/08 10:51:49時点 Amazon調べ-詳細)

今回は著作「超入門 資本論」を読んだ感想を書いていこうと思います。

この記事を読むことで、以下の理解が深まります。

  • 資本主義はどのような社会なのか
  • 私たちは資本主義のルールを知らない?
  • お金のルールを学ぶことが必要

created by Rinker
¥888
(2022/12/08 10:51:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

資本主義を知る

あらゆるものにルールが存在する

私たちの社会には、様々なルールが存在します。

それは

  • 人を殺してはいけない
  • ゴミを不法投棄してはならない

といった法律で定められたルール。

あるいは、

  • サッカー
  • バスケットボール

といった、ゲームのためのルールです。

例えばあなたがサッカーの試合をする場合、まず初めに何をするでしょうか?

おそらくゲームのルールを理解しようとするはずです。

  • 1チームには最低何人が必要だろう?
  • どんな時に反則を取られてしまうのだろう?
  • オフサイドって何だろう?

これらのルールを知らなければ、コートで満足な試合をすることは出来ません。

ルールを知らずにコートへ立てば、いつの間にか相手に負けてしまうでしょう。

もしかすると「負けている」ことにすら気が付かないかもしれません。

そう、勝つためには「最低限のルールを知って仕組みを理解しておくこと」が必要なのです。

「資本主義」と「社会主義」の違いって?

日本は「資本主義」の社会です。

資本主義では、個人が自由に資本(=お金)を持つことが出来ます。

資金を持つ人たち(=資本家)は労働者を雇い、自由に競争しながら、お金を稼ぐことが出来るのです。

一方で「社会主義」の元では、個人が自由な資本を持つことは出来ません。

あくまで資本は国のモノであり、公共のモノである。

どれだけのモノを作るのかは、すべて国が決めてしまいます。

国民は皆、国に雇われた労働者となるため、大きな富の格差や不平等は生まれなくなるのです。

資本主義

個人が自由に資本を持てる

労働者は、資本家の下で労働を行う

メリット:競争が発生することで、社会が発展しやすい

デメリット富の格差や不平等が生まれる

 

社会主義

資本はすべて国のもの

労働者は国の下で、労働を行う

メリット:富の格差や不平等が生まれない

デメリット:競争が起こらず、社会が発展しにくい

私たちはこのような資本主義の元に生きています。

「資本主義」のルール知らないまま、社会に出る私たち

ではここで質問です。

あなたは、社会(=資本主義)のルールを理解していますか?

恐らくは「そんなコトを考えたことがない」方が大半でしょう。

なぜならこうしたルールは学校では教えてもらえないからです。

私たちは学校で次のように、教えられます。

  1. 一生懸命勉強しておくといいよ
  2. いい学校に行けば、良い会社に入れるよ
  3. 良い会社に入れば、幸せな人生が送れるよ

確かに大企業へ入社できれば、お給料はたくさんもらえるでしょう。

加えて、高い地位や名声が手に入るかもしれません。

しかしもし「良い会社」に入れなかった場合は、どうすればいいのでしょうか?

日本には1億人近くが住んでおり、大多数はそのような地位を手に入れることが出来ないでしょう。

「いい会社」に入れるのはほんの一握りに過ぎません。

大半の方は途中で脱落してしまいます。

勝者は少数、敗者は多数

それが資本主義のルールです。

学校では生きていくために必要な、

  • 資本主義とはどのような社会なのか
  • お金の知識(「借金の仕組み」や「お金の稼ぎ方」)

などのルールは教えてくれません。

その結果、私たちは学校を卒業すれば社会に出て、汗水垂らして一生懸命働きます。

頑張っていれば、きっと報われる。

努力すれば給料が上がって、豊かな生活が送れるんだ。

そうした考えが、頭の中にはあることだと思います。

ここで先ほどお話しした内容を思い出して欲しいのです。

ルールを理解せずに勝負をしたら、ゲームには勝てないんですよね?

あなたは、本当に資本主義のルールを理解して、その場で戦っていますか?

もし、資本主義のルールを理解せず、社会で勝負しているとしたらどうでしょう。

いくら必死に頑張ったところで、ルールを熟知している者には勝てないことになります。

一生懸命頑張っているのに、こんなことってないじゃないですか。

私自身はこの本を読んで資本主義のルールを学びました。

それに気付いたのは、社会に出てからです。

私と同じように多くの日本人が、このような状態で社会に放り出されているのです。

それならルールを学べばいい

では一体、私たちはどうすればいいのでしょうか?

どのようなゲームが行われているかも知らされず、ただ戦いに負け続けるしかないのでしょうか?

答えは、NO!です。

その事実に気付けたのなら、いくらでも挽回できます。

そのためにまずはお金のルール」を知る必要があります。

資本主義社会に生きる私たちにとって「お金のルール」を学ぶことは、最も大切なことなのです。

けれども、多くの方はそのようなルールがあることすら気が付いていません。

先ほど学校では教えてくれないと言いましたが、きっと先生たちも、そんなものが存在すること自体、知らないのでしょう。

ならば、自分自身で身につけていくしかありません。

さもなければ、ルールを知っているものだけが勝ち、その者に一生搾取され続けるでしょう。

本著「超入門 資本論」では、資本主義社会における「お金」や「働き方のルール」について詳しく解説されています。

例えば、

  • なぜお金が出来たのか?
  • 資本主義のルールとは?
  • 給料の決まり方
  • 今後の働き方について

などについて記載されており、読んでおいて損はありません。

あなたの感じている不安や違和感は、資本主義の構造を知るコトで、解消できるかもしれませんよ。

社会は変化している

20世紀の後半辺りから、大手企業の倒産が目立ち始めました。

「北海道拓殖銀行」や「リーマンブラザーズ」のような大手企業であっても倒産します。

「大企業にいれば一生安泰」という時代でもなさそうです。

また近年(2017年)では、シャープや東芝が巨額の赤字を抱えていることが分かっています。

「いい会社に入ること=将来の安泰」

という図式は崩壊しつつあります。

いい会社に入ればかならず終身雇用され、将来が安心である

という図式はもう存在しないのです。

価値観の迷走

社会が変化するとき、一人ひとりの価値観は迷走します。

18世紀に起きた産業革命は、人々の生活を180度変えてしまいました。

これと同様に「情報革命」、そして今後はAIによって社会は変わっていくことでしょう。

おそらくこのような転換期には、様々な情報が飛び交うことと思います。

  • これからは、人口知能
  • これからは、ビットコイン
  • もうサラリーマンなんて古い

といったように、「あるコトないコト」が叫ばれ始めます。

どの道が正解なのかは分かりません。

歴史を紐解いたとしても時代背景が異なれば、まったく違った結果となります。

歴史から完璧な未来を読み解くコトは、不可能です。

そんな状況で今までと同じ状態(=幻想)にすがる人間もいれば、その幻想を捨て、違う道を模索する人も出てくるでしょう。

人の生き方は様々です。

しかし、私たちが生きていくためには、『お金』が必要なのは変わりません。

  • 住む場所を確保する
  • 空腹を満たす
  • 子どもを育てる

いずれにしても、ある程度のお金は必要です。

お金は汚いものだという考えもありますが、お金は私たちの生活を豊かにしてくれる一つのツールなのだと私は思います。

最後に

多くの人は学校を卒業すれば、社会に出てお金を稼ぎます。

ですので、まずはルールを理解しましょう。

そうすることで、何もわからない大海に投げ出されることは、避けられます。

社会という大海原で生きていくための武器が、本書には記されています。

資本主義を知るために

資本主義のルールを知るためには、最適な1冊だと思います。

  • なぜ給料が上がらないのか
  • 今後、どんな働き方をすれば豊かになれるのか

本書では、ドイツの経済学者、マルクスの知恵を借りて、その対策を行っていきます。

 

また、下記の本もセットで読むと、より「資本主義とは何か?」が理解できるようになるはずです。