営業力

新規開拓営業のメリット 人見知り営業マンが魅力を解説します。

大学時代、就職活動をしている時に避けていた職種。それは、多くの就活生が敬遠しがちな営業職でした。

なぜなら「営業職=新規開拓」というイメージがあって、毎日外出しては訪問先で怒られながらぺこぺこする。もしくは、訪問したとしても門前払いをされたり、嫌な顔をされるんだろうなーなんていう、ネガティブな光景しか思い描けなかったからです。

 

ただ、実際に営業の仕事をやってみて、必ずしもそうじゃないんだとわかりました

 

もちろん職種にもよるのだろうけれども、少なくとも「法人の新規開拓」という分野においては、怒鳴られることもなかったし、門前払いばかりされることもなかったです。

意外とお客さんは優しいもので、大した知識も経験もない若者に対して色々な学びを与えてくれました。

きっと僕のように、「新規開拓の営業」についてマイナスのイメージを持っている人は多いはず。でも、それではせっかくの素晴らしい仕事が誤解されていて勿体ない。

そう思ったので、今回は「新規開拓の営業をする」メリットについて自分なりに思うことをざっくばらんにまとめてみました。

あわせて読みたい
話が上手くなくても大丈夫! 営業に配属されたら自信を持つべき3つの理由!営業職というと、話がうまくなければいけないという思い込みを持っている人が多いのではないかと思います。 でも実はそうではないのです。 ...

 

 

1.商品の知識を直に学ぶことが出来る

新規開拓最大のメリットは、”商品の知識を直に学べる”ということです。

働いていた業界は”鉄鋼業界”だったのですが、そこで扱っていた商品は「ねじ」や「鋼」などの金属類でした。普段から目にしているものなので、用途はわかりますが、「どうやって作っているのか」「どんな種類があるのか」といった詳しい情報まではまったく分かりません。

もちろん研修や本・ネットの情報から知識は得られますが、それだけでは不十分なんじゃないかと思います。

 

Google mapを使って旅行した気分になるのと、実際に現地を旅した濃度が違うように、机の上で学んだ知識と生の知識は違うからです。

 

もしかしたら、企業に訪問することで、商品に対する色々な知識が学べるかもしれません。

対応してくれる担当者の中には、知識や経験が豊富な人もいるでしょうし、逆に商品を売って欲しいということで、自社商品について教えてくれる可能性もあります。また、何度か訪問して仲良くなると、商品の製造工程を見せてくれるかもしれません。

実際に訪問した先で、上に書いたような状況には多々遭遇しました。やはり本物を生で見ることが最も多くのことを吸収できる方法なんだと感じますね。

 

2.人に慣れる

これは新規開拓を始めてから気づいたことなのですが、知らない人と話すのが以前より怖くなくなりました。

元々人見知りなので、飲み会や社交の場に出るのはとても苦手。少人数や一人の時間が大好き人間なのです。

たとえそうした交流会に参加したとしても、伏し目がちでしたし、会話もろくに続けるコトが出来ないほどでした。大人になったのにこれじゃまずいと思ってはいたんですが、営業を始めてからいつの間にか克服されていたんです。

営業に行くときは、「明るい自分」という仮面を被っていきました。大学生のようなウェーイというノリではありませんが、常に笑顔で楽しそうな雰囲気を作るようには意識していたと思います。

元々それらは作られたものでしたが、いつの間にか普段の自分にも伝染し、「明るくなったね」と言われるようにもなりました。

 

人見知りや会話が苦手な人には営業は無理、と思われがちですが、意外とそうした人ほどやってみた方がいいのではないかと思います。自分の新しい一面が見られるんじゃないかと思うのです。

あわせて読みたい
商社マンに向いてない人の特徴。営業マンとしてダメなわけではない理由とは小さい頃から、大人数の中で過ごすのが苦手でした。 個人では仲がよくても、集団の中に入ると自分の居場所を見失ってしまう。どれだけ気心が知...

 

 

3.仕事で最も大切な能力が得られる

生きていく上で最も重要な能力、それは「営業力」だと思っています

ただ一口に営業力といっても、物を売るだけが営業ではありません。例えば、自分をアピールすることも営業になるのでしょう。

 

意外と意識していないだけで、僕たちの日常は”営業行為”で溢れています。

あわせて読みたい
物を売る技術が陳腐化しないのは、日常が"営業"で溢れているから営業の仕事を辞めて、約2年が過ぎました。元々、人と会話したり交渉したりする営業という職種は、私にとっては適していないと思っていたため、今...

 

周囲の人たちに対する気遣いや感謝。「僕は~が得意なんです」といった能力のアピール。普段何気なく行っていることの多くは、「自分はこんな人なんだ」というアピールになっている。そのアピールを通して、他者は自分がどういう奴なのかを判断しているということです。

 

であるならば、営業というのは、人の”根幹”をなす職業なんじゃないかと思うワケです。

 

商品を売るためには、相手の立場を考える想像力や理解力が必要です。

加えて、自分のコトをいかにアピールし好きになってもらうか、はたまたどうすれば良い関係を築けるのかを考える。どんな商品なら喜んでもらえるのかを試行錯誤すること。

そのすべてが”他者との関係”をはぐくむコトを目的にしており、社会的動物としての人間にとって一番身に着けておくべき力なんじゃないかと思うのです。

その能力を最も伸ばせる職業。それは営業なんじゃないかしら。

あわせて読みたい
物を売る技術が陳腐化しないのは、日常が"営業"で溢れているから営業の仕事を辞めて、約2年が過ぎました。元々、人と会話したり交渉したりする営業という職種は、私にとっては適していないと思っていたため、今...

 

一度はやってみるべき!

本記事では、「新規開拓」のメリットを取り上げてみました。

敬遠されがちな職種ではあるけれども、学べることは沢山あり、生きていくために最も大切な能力を伸ばせる職業なんじゃないかと思います。

確かに、訪問したけれども邪見にされたり、怒られたりすることがないとは言えません。

僕自身、声が小さいと怒られたコトがありますし、たらい回しにされたあげく、結局話を聞いてもらえなかったこともありました。

でも、粘り強く続けることで認めてくれる人は必ず出てくるはずです。

ぜひ一度お試しあれ!