これからの時代を生きる力

就活が不安な学生に捧げます。 就活を乗り切るための本5冊! 

電車に乗っていると、真新しいスーツに身包んだ就活生らしき学生が目立つ。

説明会や面接を受けるために勇み足で歩く姿は、就活をしていた頃の自分と重なっていました。

当時は、大学を卒業したらすんなりと就職して、定年まで働くんだろうと思っていたのだけれど、現在の自分は転職も経験し、”就活”という暗黙のレールに少し懐疑的になっています。

別に大学を卒業したからといって、みんな一斉に就活なんてする必要はありません。それに、リクナビなどの就活サイトが作り出す「仕事を通じてやりがいを!就活が人生を決める」といった幻想から、脱却して欲しいと願っています。

そこで今回は、就活生に向けた”就活のバカらしさに気づく”書籍をご紹介したいと思います。これらの本を読んで、多様な”仕事”に対する考え方を身に着けて頂けたらと思います。

 

評価と贈与の経済学 (内田樹・岡田斗司夫)

就活という競争を勝ち抜いた先にあるのが、会社への”就職”という切符です。切符を手に入れたらバラ色の道が開かれているかというと、そんな事はありません。会社に入るのはゴールではなく、あくまでスタート地点だからです。

本書では、”他者と競争”ではなく、”共生”しなければ生きていけない時代が近づいていると語られます。他者を蹴落とし、勝利の祝杯を挙げるのは、一人では寂しいものです。別に就職をせずとも、人との繋がりの中で、ゆる~く生きていく事は出来るし、就職する必要性すらないのかもしれません。

この本を読めば、”会社に就職”すること以外の選択肢が見えてくるはずです。

 

就活のくだらなさを感じるという意味では、この本もオススメです。社会学者が記した著書という印象から、一見小難しい話が繰り広げられると思われるでしょうが、まったくそんなことはありません。

何かを体系的に分析して、一つの答えを出していくような、学問的な書籍ではなく、体系的に整理の出来ない想いや出来事を、淡々と記録していくエッセイです。

個々人の平凡な日常は「無意味」ではなく、ある種の美しさすら持っているもの。著者の目線から語られる日常風景を、同じ視点から見れば、なんとなく優しい気持ちになれるでしょうし、就活という競争の必要性が”無意味”に感じられることでしょう。

 

 

本書はNPO法人POSSEの代表である今野さんの”労働論”になります。企業はあの手この手で、就活生に自社の素晴らしさをアピールします。もちろん、社員を大切にしている企業はありますが、一方で”搾取”することを目的とした企業も存在するのです。

就活を始めると、企業は”仕事の素晴らしさ”や”成長すること”を強調し始めるでしょう。しかし、その裏にはそれらを強調する”裏の理由”が隠されているかもしれないのです。

労働者はそうした”搾取”に合わないための、知識や考え方を身に着けておく必要があるでしょう。最低限自分の身は自分で守る。”考える力”を育くむためには最適な一冊です。

 

 

就活について書かれた本ではないものの、”給料の仕組み”や”働くとはどういうことなのか?”が分かりやすく書かれています。

なぜ、給与システムが年功序列によるのか、価格はどうやって決まっているの?どんな働き方をしていけばよいのか、そうした誰もが知っておきたい、根源的な問いかけが分かりやすく説明されています。

頑張って働いた所で、労働者の給与は上がりません。マルクスの資本論を現代に応用した著者が紡ぐ、圧巻の一冊です。

関連記事会社との新しい付き合い方–『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』

 

 

自分が”面白い”と思ったコトを追及していくことで、周囲に認められ、楽しみながら生きている人がいる。著者は有名な”文化屋雑貨店”の店主である長谷川氏です。

やりたい事があるけれども一歩が踏み出せない。社会の中でなんとなく息苦しさを感じている。そんな人は読んでみるコトをオススメします。

関連記事流行の最先端を走るお店の作り方は、”文化屋雑貨店”を読むとよく理解できる

 

 
 

最後に

世の中には、自己啓発本や就活本が溢れています。しかし、どれもが”仕事を頑張れ”とか”成長しよう!”とか画一的な本ばかりで、本当の意味で”就職とは?働くとは?”といった、根本的な問いを投げかけている書籍は少ないです。

私たちに必要なのは、表面的なテクニックではありません。”シンプルだけど答えが難しい”問いに対する、思考力や考える力です。物事を懐疑的にみる視点は持ち続けていたいものです。