書評

『彼女たちのワリキリ』–格差の広がりと居場所の喪失

フィールドワークを元に現象を分析した書籍は世の中に溢れている。

経済であったり、恋愛だったりと対象にするものは様々だけれど、自ら足を運び地道に獲得した生の声や思いを分析することで、世の中の流れは見えてくるのではないかと思います。

今回ご紹介したいのは、評論家である荻上チキさんによって行われた“売春女性”に焦点を当てた研究です。

みなさんが”売春”と聞いて想像するのはどんなものだろうか。きらびやかな女性の園、それとも危険が付きまとうといったネガティブなイメージだろうか。

 

 

本書「彼女たちのワリキリ」では、性労働の実態を現場の声を聴くことで浮き彫りにしていきます。

世間で持たれているイメージと実際に働く人たちとのギャップ。あるいは性を売るものと買うものの対比などなど。中々垣間見ることの出来ない世界がそこは広がっているのです。

ちなみに、この本では著者自らが様々な場所へと足を運び、今の日本でワリキリを行っている女性を取材しているため、非常に説得力がある次第です。

出会い系サイトを活用した取材、全国の出会い喫茶やテレクラなどを訪れたりといった地道な調査。約3000人以上にもわたる膨大なデータを収集し、分析した結果がここには記されています。

 

中々メディアには取り上げられない分野ではありますが、その世界には様々な事情を抱えている人たちの姿がありました。そして、彼女たちを助けてあげたいという思いを抱き続けている人たちの存在。

少しではありますが、中身をご紹介したいと思います。

 

社会的な居場所の喪失と格差

本書の大まかな章構成は次のような感じになってます。

  1. 社会的な引力・斥力・・・風俗・ワリキリ・精神疾患
  2. 排除の果て、アウトサイドの包括・・・虐待・ホスト・DV
  3. 貧困型売春と格差型売春と・・・学歴・貧困、ハウジングプア
  4. 母親としての重圧・・・離婚、中絶、シングルマザー
  5. 全国ワリキリ事情・・・車、パチンコ、買春旅行
  6. 3.11・・・自身、津波、原発事故
  7. ナナとのであり・・・日記、メール、妊娠報告
  8. 買う側の論理・・・喫茶、サイト、利用データ
  9. 出会い喫茶のルーツ・・・自己決定、自己責任、自由市場

 

第一章では、なぜ彼女たちがワリキリに走ってしまうのか。その背景として精神疾患が大きな要因になっているといいます。病気や疾患を持つ社会的な弱者が、排斥の果てにたどり着く場所になっている。出会い喫茶に訪れた際の光景から見た、彼女たちの世界観についてのお話し。

2章では虐待やDVなどを経験した女性が多いこと。そして、彼女たちはホストにハマることが多く、借金という負に連鎖に巻き込まれていく可能性が高い。

という実態に焦点を当てていきます。3章では売春の種類について語られ、ワリキリ事情、買う側の事情、そもそも出会い喫茶はどのようにして生まれたのか?と続いていく次第です。

 

精神疾患とワリキリの関係性

特に印象的だったのは、ワリキリを始める女性の多くが、過去に虐待やDVなどの被害を受けていたこと。その結果として、精神疾患を抱えてしまっていることでした。

 

最近では、AV女優を含め、性産業にクリーンなイメージを持つようになっていた自分がいます。今では自ら志願してAV女優の道に進む人もいますし、ごく普通の人たちの将来の選択肢に組み込まれているように感じていたからです。あとは、DMMがビットコインを始めたのも少しは影響しているでしょうか。

 

どこにも行き場のない人の受け皿的役割⇒若い女性の憧れの対象へ

そんな図式へと僕の頭の中は塗り替えられていました。

 

セーフティネットとしての”性産業”

でも実態はまったく違ったんです。

やはり、性産業には最後のセーフティネットとしての役割が残っている。

性格的に社会に適合できなかったり、病気などによって働けない人の受け皿としての側面あったのです。

つらい経験がさらに不幸を呼び、泥沼へと転げ落ちていく。もちろん自力でその場から抜け出せる人もいますが、その多くがホスト通いや風俗に手を出した挙句、甘い蜜を吸うのを辞められないという実態があるのです。

また本書では、筆者が実際に取材した方たちの境遇や思いを隠すことなく記載しています。

出会い喫茶に通い始めたきっかけや、普段客に思っていることなど。

中々知る機会のない内容ですので、読んでいてとても面白かった。書かれている文章も、ため口やギャル語であったりと様々。未知の空間に迷い込んだみたいで、新鮮に最後まで読むことが出来たんです。

 

出会い喫茶のルーツは”彼女たちを救いたい”という気持ちにあった

今までは、DVや虐待といったネガティブな側面をお話ししてきましたが、心温まる話も書かれていました。

 

それは、出会い喫茶のルーツです。

 

大阪の難波にある「ツーバ難波店」。この店舗は出会い喫茶発祥の地と言われ、多くの人に親しまれてきました。

店主は福田と名乗る一人の男性。彼が出会い喫茶を作った張本人であり、強い想いをお店に込めたと言います。彼の壮絶な生い立ちと込めた気持ちが印象に残ったので少し引用したいと思います。

 

もともと僕は捨て子やったんです。親に捨てられ施設に入れられ、百姓の家にもらわれたんです。(中略)

それからアングラな仕事に就いて、20代後半には莫大な資産を築きあげるんです。人にはびっくりするくらいのお金を稼いでましたけど、まあ、所詮は成り上がりですから、儲けた金はほとんど賭博につぎ込んでました。

そこからなんの因果かは分かりませんが、難病になってしまって、医者に29歳で死ぬと言われたんです。それを聞いて自暴自棄になって、若干残しておいたお金もそこで使ってしまった。

 

その後、彼はあいりん地区に流れ着き、待っていたのは路上生活でした。

拾い食いもはばからず行い、自殺も数度行うほど自暴自棄になっていたそうです。で

も地元のババアがくれた何の変哲もない”おにぎり”が彼を救ったんです。

 

「にいちゃん。あんた、金があるとき、サラリーマンがファミレスで家族そろって草履の底みたいな肉食いに来てるの見て、つまらん生き方やと思ってた口やろ。」

「そのとおりや。こいつら哀れや、どあほうやと思ってた。」

「せやけど、こんな暮らししてわかったやろ。その人にはその人の価値観があるんや。うまいもんは一つやない。にいちゃんは、もう一度一から頑張らなあかんで」

 

路上生活で追い込まれていた時にもらった”おにぎり”。それは今まで食べたどんなものよりも美味いものでした。ここからスイッチが入り、デートクラブを作ったり、結婚相談所をやったりと色々なことに手を出していきます。

そしてその一つが”出会い喫茶”だったわけです。

 

女の子も、誰も好きでこんな世界に来るわけないじゃないですやん。やっぱりおかねがないからくるわけでしょう。お金がなければ、自然の流れで売春っていう方法しかないですやん。

そういう子だけやなくても、ただ人と調和できないとか、理由があって朝起きられないとか、会社に順応でけへんこたちが働くとこがあってもいいんちがうやろうか。

 

自分の頑張った分は自分が貰う。サービスの内容や客の選択も個人次第。店に縛り付けるのではなく、彼女たち自身に自由を与え、その上でお互いが協調していけるような場。

そんな場にすることを目指したのが当初のコンセプト。現在のイメージとはかけ離れている部分もありますが、本当はそんな思いを込めて作られた場所だったのです。

本書では、書いてきたようなインタビューも含め、数多くの現場にいる女性の声が沢山書かれています。世の中で起こっていることについて知りたい。普段覗けない世界をのぞいてみたい。そんな好奇心を持った人であれば、本書は楽しんで読める内容になっていると思います。

ぜひ一読を!