これからの時代を生きる力

「役に立つ本だけ読みたい」という指針 思考のアップデートが必要なんじゃないの?

役に立つ本だけを読みたい。

これは誰しもが願っていることでしょう。

人生は、時間は有限であるにも関わらず、書籍は膨大な数が存在しています。その中からいかに自分にとっての”良書”と”悪書”を分類するか。

時間がない忙しい現代人にとって、その能力は身に着けておくべき必須項目のようにも思えてきます。

 

「役に立つ」という基準の危うさ

ただ、一つだけ注意したいのは、この「役に立つ」という判断基準そのものが正確なものである保証がないことです。

冒頭の文章を端的に表現仕直すと、

「自分が役に立つと思った本しか読まない」

ということになります。自分の判断基準のみですべてを決定する。これでは少し危険な香りが漂ってくる気がしますよね。

 

読書は人の価値観を変えてしまうかもしれない

本を読むという行為は、人の成長、それは特に、“思考”に対して多大な影響を与えます。

新しい価値観や考え方を知るコトで、本を読む前と読んだ後では、その人物の中で大きな価値の変革が行われることになるからです。

つまり、読書をすることは”思考”をブラッシュアップして、判断基準をアップデートする作業。今まで自分が持っていた世界観までもが、再構築されてしまうようなことだってあるのです。

そのような”読書”という行為において、「役に立つ本しか読まない」という指針は、人の世界観が変化しない事に繋がります。いわば”井の中の蛙”になってしまうということです。

 

新たな世界を増やしていこう!

世の中には、”現在”の自分の持つ判断基準では推し量れないことが沢山あります。素晴らしいことが書かれているのに、自分には到底理解できない事があるのです。

そのような本を読むことは、自らの判断基準を変化させる事を迫ってきます。”世の中にはもっと違った考え方があるんだ”、”もっと広い世界があるんだぞ”。

もっと幅広い視野を持ち、考え方を受け入れなさいといったように、新しいプログラムのインストールを求められるのです。その結果、自分の判断基準に新しい扉が開けます。そして、宝もの探しをするように、新たな財宝の扉を一つ一つ開けて行くことで、人は成長していくことが出来るのです。

でも、もし「役に立つ本しか読まない」という指針に従っていれば、”現在の自分が理解できる範疇”以上の本には出会うことがありません。

だとすれば、その時点で人の価値観の成長は止まってしまう。はたまた、”立ち止まるコトは後退”という言葉もあるように、下手をすればダウングレードしてしまうはずです。

 

外からくる”ノイズ”によって鍛えられる

結局何が言いたいのかわからなくなってきたので、簡単にまとめておくと、

「判断基準を持っておく事は大切だけれども、それがアップデートされない状態だと、いささかまずい状況なんじゃないの?」

ということです。

居心地の良い場所にいるのは気楽なものですが、何事も成長するためには”ある程度の負荷”が必要なものです。

持久力を高めるためには、息を切らしながら走らなくてはならないように。はたまた筋力をつけるためには、筋トレの苦しい局面を乗り越えなければならないように。

自分の世界観の外から入ってくる、”ノイズ”にも敏感に反応し続けていたいものです。