これからの時代を生きる力

私は読書に救われました。本を読む事で身に付く、能力とメリット

最近では、本を読まない人が増えているそうです。

一時期「本を読まない若者」が、よくメディアで取り上げられましたね。

これだから最近の若者はダメなんだ…

私たちの時代は、本を沢山読んだのに…

といった、若者批判が注目を集めました。

しかし実際の所、若者が活字を読む習慣は失われていません。

あくまで、インターネットの影響によって、

紙の文字を読む文化 → 電子上の文字を読む文化

へと、移行しつつあるだけなのです。

kindleやネット新聞が代表するように、電子書籍化の波は次第に押し寄せています。

本屋さんは減少の一途を辿っていますし、「すべての本屋さんが消えてしまった」という自治体も出てきているとのコト。

時代の流れだから仕方ないんじゃないの?

そう言われてしまえばそれまでですが、私はそうは思いません。

時代の節目では、新しいものに注目が集まる反面、その裏では姿を消していくものが存在します。

例えば昭和の頃、商店街には個人経営の帽子屋がたくさんありました。

今では信じられないかもしれませんが、「紳士は帽子を被るもの」という価値観が、その頃にはあったのです。

“帽子を被ることが紳士の嗜みである”という雰囲気が、帽子屋の経営を支えていたのです。

ほかにはタバコ屋さん。

今では禁煙化が進み、自動販売機でも簡単に買えるため、どんどん見る機会は減っています。

人間が生まれて死ぬように、何事も生まれては消えていく。

本屋もその一つにすぎない。

そう言われても、仕方がないのかもしれません。

けれども、私は紙の書籍から様々なことを教えてもらいました。

道に迷っている時、そっと道案内をしてくれることがありました。他者の生き方から、人生の楽しみ方や面白さを教えてもらったことは数えきれません。

きっと、いつの時代であれ、その力を必要としている人はいるのではないかと思っています。

暗いトンネルを彷徨っている”あなた”に光が当たりますように。

今回は、「本を読む事で身に付いた、大切な能力」についてお話し出来ればと思います。

 

人の気持ちを考える力

まずは、少しだけ身の上話をさせて頂ければと思います。少しだけお付き合いを。

私は高校時代、教室の片隅で誰とも交わることのない孤独な学生でした。

中学時代は友人がいましたが、環境が変わった途端に居場所を失い、圧倒的孤立。

当時の私は、”人と会話する方法”がわからなくなり、挙動不審になっていきました。

人との距離感が上手くつかめない…

会話が上手く続かない…

そんなコトが続く内、次第に人の目が怖くなり、自分の殻へ閉じこもるようになってしまいます。

もちろん友達は殆ど出来ませんでしたし、精神的にも若干病んでいたのではないかと思います。

自分のコトが分からず、時にはカウンセラーに頼ることだってありました。自分では身動きが取れず、暗い闇の中を毎日毎日彷徨っているような日々を過ごしたのです。

そんな時、何かを変えたいと思った私は、本嫌いであったにも関わらず、図書室に引きこもり始めました。

何とか現状を変えたい

そうした思いが心の底で渦巻いていて、誰かに救いを求めていました。

でも、人が怖い。

人には聞けない。

人に助けを求められないなら、本に助けを求めるしかない。

活字の中から、何とか問題の解決策を見出したいと考えたのです。

その結果どうなったか。

読書は私に大きな変化をもたらしました私は、高校を卒業し、大学生になっていました。

この頃になると、読書にも慣れ、本の内容を要約したり、小説に出てくる登場人物たちの気持ちが、少しずつ理解できるようになってきました。

当初は字を追うのがしんどかったのですが、すらすらと活字を追えるようになり、作者の意図も分かるようになってきました。

 

登場人物と重なった、自分自身

作者の意図と登場人物たちの気持ちを、読み取れるようになること。

これは人間関係を築くための、有効なツールになります。

人間関係を構築する上では、”会話の成り立ち”や”振る舞いのルール”を理解することが、最も重要だからです。

他者との関係性は、簡単に壊れてしまう脆く儚いもの。

  • 言って欲しくないこと
  • やられて嫌なこと

など、誰にも触れて欲しくない領域があるのです。

以前の私はこの領域に、土足で踏み込んでいました。

人が嫌がるコトを平気でして、何食わぬ顔をしている。これでは周りが納得しないでしょう。

読書はこの事実を私に教えてくれました。

本の中に登場してくる”嫌な奴”を見ていると、どこか自分と似かよった部分が出てきます。

初めは、

  • こんな奴とは友達になんてなりたくないな~
  • なんでこんな事ばかりするんだよ~

なんて風に、バカにしていました。

しかし、なんて嫌な奴なんだと思っていた登場人物は、実は自分自身だったんです。

これに気づいてから、少しずつ“相手の気持ち”を考えるようになりました。

  • どうしたら喜んでくれるだろう
  • どうやったら楽しんでくれるかな

といったように。

そんな事を考えている内に、友人が少しずつ出来始めました。

「聞き上手だね」とか「気持ちをわかってくれてありがとう」といった、嬉しい言葉をもらえるようになったのです。

 

俯瞰する力

「木を見て森を見ず」という言葉があります。

これは、「広い視野を持って、幅広い視点からものごとを見られるにしなさい」と、自身を戒めるための教えです。

たとえばA商店は、自分の店にもっと人を集めて収益を増やしたいと思いました。

そこで、目玉商品を作り、安い値段で大量に売りさばくことを考えます。

結果、安い値段につられて沢山のお客さんが集まってきました。

けれどもその代りに、みんな安い商品しか買わないので、お店の経営はどんどん苦しくなっていきました。

これは、「目の前のことだけ見てしまい、結果として痛い目に遭う」、いい例です。

“目先の利益(木)”を優先することで、”お客さんの質 (森)”が見えなくなってしまったんですね。

読書をすれば、今話したようなことは、事前に防げます。

なぜなら、本を読めば幅広い視点を身に着けることができ、物事を俯瞰する力が身に付くから」です。

例えば、先ほどの例を俯瞰してみると以下のようになります。

  1. 人を集めたいと思うので値段を下げる。
  2. 本当にそれでいいのだろうか。値段を下げれば、確かに人は集まるかもしれない。けれども、安い商品にしか人は食いつかないのではないだろうか。
  3. それに加えて、安い値段に食いつくお客さんは、財布の紐が堅いことが多い。そのため、あまりお金を使ってくれないかもしれない。
  4. 安い値段に下げるメリットは少ない。違う方法を考えよう

 

といった具合に、様々な状況を客観的に捉えて、冷静な判断を下せるようなります。

“木”に注目してしまうのは、一つの選択肢に囚われてしまうのが原因です。

そうではなく、他の選択肢を俯瞰して考えられる状態にしておく。

その上で、

  • この方法を使ったら失敗するだろうな
  • もう少しうまく出来る方法はないかな

といったように、思考の幅を広げていく。

何度も ” 考える ⇒ 批判する ⇒ 考える “ というプロセスを繰り返すことで、思考に奥行きが出てきます。

それは次第に、”俯瞰する力”へと繋がっていくのです。

 

理解者が増える

本には、「命をかけて刻んだ、作者の言葉」が記されています。

「自身の苦しんだ経験を綴った」本もあるでしょうし、「人生を楽しむための3つの法則」といった類の本もあるでしょう。

いずれにしてもそれらは、自身の過去や境遇を元に記された、魂の言葉であり、読者に向けた作者からの温かいメッセージなのです。

本を読めば「過去に生きた人々」と会話することが出来ます。

例えばエジソンは、白熱灯の作成過程を、伝記として残しています。

この伝記を読めば、当時彼が何を考え、どんな思いでモノ作りをしていたかが分かるでしょう。

どんな環境で生まれ、どんな晩年を過ごしたのか。

人間の一生が、そこには綴られているのです。

私たちは辛く苦しいことがあったとき、

なぜ、自分だけがこんな目にあうのだろう?

といった、悲劇のヒロインになりがちです。

しかし本を読めば、そこには自分と似た状況に置かれ、状況を克服した作者がいます。

そして温かい言葉で、そっとあなたの背中を押してくれるはずです。

時代も国も異なる人たちが、みなさんの友達になってくれるはずですから。

 

最後に

本を読むことで、人の“思考や行動”は変化していきます。

他者の思想を取り入れることで、自己との比較を行い、新しい思想を構築することが可能です。

その過程で、自身は成長することが出来ますし、日々の生活でもプラスを感じる場面が多々出てくるはずです。

ぜひみなさんも、色々な本を読んで人生の糧にしてくださいね。