仕事観

「立場の違い」を「実力」だと勘違いしてしまうのは、自分に自信がないから

営業マンをしている時、とある取引先に行く機会がありました。納品している機械が上手く動かないので、修理をお願いしたいとのコト。

現場に到着すると、担当者が駆け寄ってきて色々と状況を説明してくれます。どんな状況で上手く機能しなくなったのか、いつ頃から変調の兆しがあったかなど、事細かに説明してくれました。

「これぐらいなら十分直せるな。」そう思い、修理に取り掛かった私は、ものの数十分で元通りに直すことが出来たのです。

「さあ、やるコトは終わったし次の現場に向かおう。」そう思った矢先、現場の担当者が飛んできて、私に文句を言い始めたのです。

 

“立場の違い”を強調すること

今まで私の代わりに現場に赴いていた上司への不満から話は始まり、仕入先メーカーに対する文句など、自分語りが続きます。

もちろん、不満や苦情は誰しもが持っているものなのだけれど、およそ私たちには関係のないような事までつらつらと語り出したのです。

「俺は~」から始める話や、聞いている他人にとってはどうでもいい話が多く、周囲の方たちも辟易しているのが手に取るように伝わってきます。

私はというと、お客さんを無下にするワケにはいかず、真剣に話を聞くフリをするしかありませんでした。

この時の率直な想いは、「ずるいなぁ~」という気持ちでした。

私が取引先に行ったのは、初めてではなく、何度も上司やメーカーの方と足を運んでいました。

その際には、常にニコニコとした笑顔で感謝を述べていた一方で、入社1年目の若者に対しては不満の嵐。知識や経験のない者へは、“立場の違い”を強調しているような印象を受けたのです。

 

あわせて読みたい
他人のミスを責めるのではなく、会社の"システム"を変えるべき理由会社内でミスが発生した場合、まず初めに行われるのは"誰が失敗したのか?"といった犯人探しではないでしょうか。 例えば、書類の記載を間違...

 

“逆らえない立場”は存在する

世の中には、「逆らう事が出来ない立場」が存在します。今回のように、営業マンはお客さんに逆らえないですし、部下は上司に逆らえません。

逆らえない者に残された手段は、立場が上の者に好意を見せるしかないのです。

どんなにつまらなくても、「それは違うだろ!」と感じた事でも、”真剣に聞くふり”をして”ありがとうございます”と感謝を述べなければならないのです。

これはいわば、絶対に反撃してこない相手をサンドバック状態にしているようなものです。私は、無力感とぶつけようのない気持ちを抱える事になりました。

 

あわせて読みたい
仕事で落ち込んだ時の対処法を考えてみた仕事をしていれば、大なり小なり、大変だと感じてしまう部分があります。 思い通り気持ちに行かなくて失敗したりと、落ち込んでしまう事もある...

 

 

“立場”=”実力”ではない

これと似たような事は、至る所で起こっています。飲食店の店員に横柄な態度を取る客や、上司が部下を叱責するなど、”立場の違い”がある場所には必ず存在します。

そして、“立場が強い”者は次第に”立場”と”実力”を混同し始めるのです

部下が言う事を聞くのは、”上司である私が凄いから”だとか、店員が言う事を聞くのは、”客である自分が偉いから”だと錯覚し始めるのです。

よく考えれば分かるコトですが、部下も店員も与えられた立場の中で、役割を演じているに過ぎません。立場がなければ、上司の言う事は聞かないし、文句を言う客の事など歯牙にもかけないでしょう。

それにも関わらず、立場の違いを”自分の実力”だと勘違いするのは、非常に格好の悪い事だと思います。

恐らく、偉そうな立場を取っていた上司が、同様の事を同僚にしたら、相手にされなくなるでしょう。

店員に横柄な態度を取っていた客が、別のお客さんに対して同じ態度を取ったら、嫌われるに決まっています。

立場による一時的な力は、自分の力ではない。

時々思い出して、肝に銘じておきたいものです。