これからの時代を生きる力

「自分でお金を作る」のが信じられなかった時の話 1円を稼げば可能性は無限に広がっている件

「お金を稼ぐのは大変なんだよ」

 

みなさんはこんなセリフを周囲の大人たちから言われたことがあるでしょうか。恐らく大半の人が一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。働いたことのない人にとっては、仕事の大変さや苦労というのはピンと来ないかもしれませんし、実際に働いている方であれば、その意味が理解出来るかもしれませんね。

 

ところで、僕が初めて働いたのは大学生の頃でした。スーパーやコンビニで働いていましたが、週に2、3日働いて月にもらえるお金は数万円程度のものでした。ですので娯楽に使おうと思っていたお金は、気づいた時には必要経費の支払いだけで消えていました。

これだけ働いても、これっぽっちのお金しかもらえないのか。そんな絶望的な気分になったものです。

 

お金を稼ぐ道は無数に存在する

当時の僕は会社に行って、その対価としてお金をもらう。それ以外にお金を稼ぐ道はないと思いこんでいました。

もちろん大学を卒業してからもその考えは変わりませんでした。お金を稼ぐには一生会社に行って、通勤電車に揺られながら定年までサラリーマンを続ける。そんな未来像しか描くことが出来なかったのです。

 

でも、ある時ふと気づいたのです。世の中で働いている人は、会社で働いている人ばかりではない。近所にいる庭木屋さんや、商店街でお店を営んでいる人たちは、自分のお店を持って、自分の力でお金を稼いでいるじゃないかと。

 

もっと広い視野を持って周りを見てみると、意外と色々な生き方をみんなしてるのだなと思えるようになりました。

 

そしてそんな彼らのことを、

羨ましい。かっこいい。

 

僕は自分で商売をしてお金を稼ぎだす生き方に憧れるようになっていました。

 

他の組織に頼らず、自立して生きているその姿はとても眩しく感じたからです。それからというもの、どうやって自分でビジネスをしようかと一日中考えるようになったんですね。

みなさんの中にも、自分でビジネスをやってみたいという方は大勢いらっしゃるのではないかと思います。でもきっと一歩踏み出す勇気がなかったり、何から始めたらいいのかがわからなくて足踏みをしている人もいることでしょう。

そこで今回は、僕がお金を稼ぐために挑戦したことをご紹介したいと思います。

 

サラリーマンと個人で行うビジネスは別物である

まず初めに、会社で行う仕事と個人で行う仕事は全くの別物と考えた方がいいです。

会社で働く場合、多くの仕事はトップダウン式で行われます。上が受けた仕事を下の者が引き継いでいく。

 

この仕組みは役職が上がっても同じで、課長、部長になったとしても、その上には取締役や社長がいます。社長以外は、誰かによって頼まれた仕事を行っているに過ぎないのです。

 

これに対して、個人でビジネスをする場合、すべての意思決定は自分で行わなければなりません。

 

仕事も誰かに任せるのではなく、自分が行うことになります。取引先とのトラブルや、理不尽なことがあったとしても、それらはすべて自分の責任です。

誰も助けてはくれません。

自分でビジネスを行う場合の最初の壁がここにあります。

 

仕事は自分で作り出すもの

仕事は自分で作る必要がある。そして、責任はすべて自分にある。個人ビジネスでは、これらを肝に銘じる必要があるでしょう。

僕自身、今ではこの違いが理解出来ますが、当初は自分一人で何をやってよいのかわかりませんでした。仕事は勝手にやってきませんし、自分で作り出すしかありません。

 

身近に商売を感じる機会がなかったため、どうやってお金を作っているのかをイメージすることが出来ませんでした。

仕入れを行い、物を売ることによって利益を得る。これが商売の基本です。けれども、商売の流れは理解出来ていても、実感としてお金を稼ぐということをイメージすることが出来なかったのです。

 

1円を稼げば可能性は広がっていく

そこで、まずは小さくてもいい、1円でもいいから商売をしてお金を稼いでみよう。そう考えました。

 

最初の1円を稼ぐことが一番難しい。1円を稼げれば10万円稼ぐことも、100万円稼ぐことも難しくはない”。ネット上でそんな内容の記事を目にしたからです。

 

正直、1円なんて簡単に稼げるだろうと思っていました。でもそんな余裕は失われ、僕の通帳口座には””0”の数字が何か月もの間続いたのです。

 

“せどり”というビジネス

ちなみに僕が行った商売は、ネットビジネス、いわゆる”せどり”というものでした。せどりというのは、”同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

 

また、それを業とする人のことを言います。ただし、一般的には掘り出し物の古本を販売して、利ざやを稼ぐことを意味します。

 

つまり何をしたかというと、ブックオフや古本市で、古本を販売している業者から商品を買ってきては、ネット上で売ったんですね。そして利ざやでお金を稼いだんです。いたってシンプルな仕組みの商売ですよね。

 

商売には幅広い知識・経験が必要

でも、意外とこれがうまくいかないんですね。利益を得るためには、安く仕入れて高く売らなくてはいけませんが、どの商品に価値があってみんなが欲しがるものなのかを判別するためには目利きが必要になります。

ネット上で相場を調べたりすれば予測は立ちますが、ある程度の予想を、商品を見ただけで行えないと骨が折れて仕方がありません。文庫本は利益にならない。専門書でもある分野の筋に関してだけ価値がある。

 

そうした知識や経験が必要になってくるのですね。

 

それらを手に入れるためには、何度も店舗に足を運んで特徴を調べたり、買取イベントやセールに備えての情報収集は欠かせません。加えて、商品をネット上で販売するために必要な知識も覚えなければいけません。

 

例えば現代の有力なプラットフォームとして、アマゾンやヤフオク、メルカリがありますが、商品の販売には、これらの売り場のルールを熟知しておくことが重要になってくるのです。

1円というお金は、こうした地道な努力を続けた上で初めて手に入れることが出来るということなのです。1円を稼ぐことの大変さがわかっていただけたでしょうか。

 

失敗したって大したダメージはない

1円を稼ぐことは大変。確かに、初めは覚えることが多くて挫折しそうになるかもしれませんが、一度軌道に乗ると、稼げる金額は増えていくはずです。

みなさんも自転車に乗れるようになるまでには、何度も繰り返し転んで、上達していったはずです。

 

それと同じで、ビジネスも、一度やり方が分かると少しずつ上手くなっていくものなのです。

 

もし自分でビジネスをしようと思っているのであれば、勇気を出してその世界に飛び込んでみて欲しいです。規模の小さいビジネス、たとえば僕の行っている”せどり”なんかで失敗してもたかが知れています。お小遣いがなくなる程度なので、痛くもかゆくもありませんよ。

 

ぜひみなさんも1円を自分で稼げる人になってくださいね。

今回はそんな所で。
グッドラック!

関連記事

  ・社会不適合者だと感じる人の生き方-いつか限界が来るのが見えている人たちへ