僕たちの生存戦略

一人旅で見つけたキューバの魅力「若者こそ旅をしよう」オードリー若林

先日タイへ訪れてからというもの、海外に対する興味が強くなりました。

あわせて読みたい
タイの首都バンコクへの海外旅行記 初めてのアジア旅行海外旅行に行く機会は、これで3度目。 グアムとヨーロッパ旅行の経験しかない自分にとって、今回のタイ旅行は非常に"学び"の多い旅でした。...

実際に旅をして分かったことは、

人は、日常とは切り離された空間へ放り出されることで、沢山の刺激や学び得られる

ということです。

そんな折にネット上を散策していると下記の動画を発見。

 

 

元々オードリーの若林さんは大好きな芸人で、書籍やラジオを聴いたりしていました。

ただ今までは特段旅に興味がなかったため、関連したトピックは見過ごしていた次第です。

しかし、上記のラジオで若林さんがキューバへ行ったコトを発見。

また、キューバの他にも、モンゴルやアイルランドにも行っているではありませんか。

そして、その経験が書籍化されている。

これはもう買うしかないでしょう。

そう思って勢いに任せて購入したのが、本書「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」です。

 
 
 
 
 
 

社会主義の国と資本主義の国を”相対化したい”

日本人がキューバと聞いて思い浮かべるのは、
 
  • アマチュア野球が強い
  • 社会主義の国
いう印象が、大半を占めるのではないかと思います。
 
あるいは、作家の村上龍氏がやたらキューバを押していることも思い浮かぶでしょうか。
 
旅行会社へ行ってもパンフレットはほとんど見かけませんし、観光で行ってきたという話も聞いた事がありません。
 
そもそも若林さんは、なぜキューバを訪れようと思ったのでしょうか。
 
実はそれには理由があって
 
 
「資本主義と社会主義を相対化したい」
 
 
という思いがあったそうです。
 
 
 

現在は過去の積み重ねで出来ている

 
若林さんは1年程前から家庭教師を雇っているとのこと。
 
教えてくれるのは東大の大学院生で、普段社会に対して疑問に感じていることを、質問しているそうです。
 
例えば、こんな疑問がありました。
 
  • 格差社会はいつ頃から始まったのか?
 
  • なぜ交際相手に”スペック”を求めるようになったのか?
 
  • なぜブラック企業が増えたのか?
 
 
普段感じている「疑問」を解消する手段として、家庭教師を雇っているのです。
 
ある日の課題で、家庭教師から「産業革命以降の世界を勉強してくるように」と告げられます。
 
そして、日本の歴史、ひいては世界の歴史を学んでいく内に、
 
過去の積み重ねによって、”今”が作られていることを学びました。
 
特に興味を惹かれたのは、戦後の日本でした。
 
そこには若林さんが、20代の頃、エアコンや風呂のないアパートで過ごしていた時から感じていた、悩みが吹き飛ぶような内容が書かれていました。
 
 
新自由主義。
 
 
ぼくは20代の頃の悩みを宇宙や生命の根源に関わる悩みだと思っていた。
 
それはどうやら違ったようだ。
 
人間が作ったシステムの、一枠組みの中での悩みにすぎなかったのだ。
 
 
「ちょっと待って、新自由主義に向いている奴って、競争に勝ちまくって金を稼ぎまくりたい奴だけだよね?」
 
(省略)
 
 
ぼくは家に帰って本棚から自分の著書「完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込」を取り出し「おい、お前の悩みは全部人が作ったシステムの中でのことだったぞ。
 
残念だったな!」と言葉をかけた後、ひとつの儀式としてゴミ箱に捨てた。
 
 
以前から感じていた、“競争”に対する違和感。
 
その結果として生じる、富の格差、容姿や性格に対する社会の不寛容な側面。
 
それらはすべて、「資本主義”という一つの社会システムの上にのみ成り立つ」のだと分かった。
 
ならば、そのシステムの外にいるのはどんな人間たちなのだろう。
 
アメリカ、東京、フランス。
 
どこへ行っても、マクドナルドや大型スーパーが立ち並び、みんな同じ顔をしていた。
 
人の欲望を刺激する、消費を前提とした社会では、それは当たり前の光景なのかもしれない。
 
けれども、俺は「このシステムの外にある国」を見てみたい。
 
資本主義ではない国。社会主義の国はどこだ、キューバだ!
 
ということで、キューバ行きを決めたわけです。
 
実はもう一つ大きな理由があるのですが、ここでは割愛します。
 
長くなりますので、ぜひ本書で確認して欲しいです。
 
 
 

キューバに降り立つことで見えてきたもの

キューバへ近づくにつれて、日本との違いが少しずつ浮き彫りになってきます。
 
空中から見える街の明かりは、限りなく少ない。
 
その明かりは生活のための灯であり、夜の経済活動を前提としていない。
 
町へ降り立つと、辺りにコンビニやスタバなどのチェーン店も見当たりません。
 
看板はなく、欲望を刺激するものが周囲には存在しない。
 
“消費すること”が正当化されていない社会がそこにはありました。
 
キューバへ降り立ってからの話を大まかに説明すると、
 
ハバナ空港からホテルサラトガ(有名ホテル)へ行くまでのタクシー運転手との攻防に始まり、人見知りガイド”マルチネス”との1日物語が続きます。
 
その後は、ゲバラ邸への訪問、闘鶏観戦、配給所訪問、サンタマリア・ビーチでのハプニングといった内容が、続いていく次第です。
 
特に印象に残っている話は、チェ・ゲバラ、カストロという国の英雄についてのお話しでした。
 
 
 

国の英雄は、命をどう使ったのか

 
カストロはグランマ号に乗り込み、キューバ格差を生んだバティスタ政権を倒すために、再上陸作戦を実行しました。
 
わずか定員12人のクルーザーに、82名の仲間とともに乗り込んだというから驚きです。
 
ゲバラやカストロに心酔してしまう若者が、大勢いることも頷けます。
 
 
ゲバラはやカストロの「命の使い方」を想像した。
 
 
日本で生きるぼくの命のイメージは「平均寿命まで、平均よりなるべく楽しく生きる」ことなのではないかと、そんなことを始めて考えた。(省略)
 
 
ゲリラ戦で命を懸けて戦って、革命を成し遂げた男たちに引け目を感じる必要はない。だけど、ぼくは革命博物館で「命を使いたい」と思った。
 
 
それぐらい、彼らの生には私欲を超えている者特有の輝きがあった。
 
 
カストロがやったこと。考察すれば、良い面悪い面どちらもあっただろう。
 
 
だが、自分の中に確信を持っている人間が本気で喋ると、5時間以上も聞き手の耳をジャック出来るという事実に、ただただ茫然としたのである。
 
 
カストロが10時間ラップで演説をして、それを聞きながら10万人の聴衆はサルサを踊る。そんな白昼夢を革命広場でぼくは見た。
 
 
ゲバラやカストロに心酔している者に対して、日本では「中二病だ」と揶揄される事があります。
 
これは、大人になっても革命だとが反逆だとか言っている、
 
「当たり前の常識やルールに従えない者に対する、皮肉を含んでいる」
 
のだと思います。
 
もちろんそうした側面があることは、否定することが出来ません。
 
きっと精神的に未成熟な部分があるのも、事実でしょう。
 
一方で、彼らが心酔してしまうのも間違いではないのかもしれない。
 
上述したように、カストロは自らの信念に従い、自らの言葉で語ってきた。
 
人から聞いた言葉が薄っぺらいのとは反対に、自らが導きだして発した言葉というのは、重く尊いものです。
 
聴衆の心を長時間射止めるだけの演説とは、一体どのようなものだったのだろう。
 
もし自分がその時代に生きていたらどんな風に感じたのか。すごく興味が湧きましたね。
 
 

最後に

キューバ危機以降、アメリカはキューバとの国交を断絶し、経済制裁を行ってきました。

しかし、国交は回復されつつあり、キューバの社会主義は間もなく終わりを告げるかもしれません。

世界でも数少ない社会主義の国。

興味がある方は、本書を参考にするといいかもしれない。

意外な観光スポットが見つかるはずだし、新しい視点で日本とキューバを見つめ直すことが出来るはずです。