これからの時代を生きる力

バカと天才は紙一重! オードリー若林が語るクリエイターの資質とは

お笑い芸人である、オードリー若林さんのエッセイ「完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)」を読みました。

 

 

こちらは、若林さんが初めて書かれたエッセイです。

独特な視点から語られるトピックは、あらゆる側面から読者を楽しませてくれるでしょう。

 

一見馬鹿といわれるような人に、クリエイターの素質を持った人が埋もれている”のではないか。

 

そんな内容が書かれていたのでご紹介したいと思います。

 

疑問に思ったことを無視できない

世の中に、新たなものを作り出すクリエイター。

私たちの生活を豊かにしたり、楽しませてくれる大切な存在です。

彼らのような天才は、さぞかし順風満帆なルートを辿ってきたかに思われます。

しかし、意外にも“クリエイターゆえの性質”によって、学生時代には不遇な扱いを受けることもあるのです。

 

成績の伸びない子の典型として「わからない問題にこだわり続ける」ということを言っていた。

 

わからない問題にこだわり続けた結果、冷静さを失い、集中力を切らし諦める。

これが、成績の伸びない子に多かったらしい。

 

対して、成績の伸びる子はわからない部分を次々と飛ばし、わかることから済ましていく

要領のいい子が多かったらしい。

 

学校の勉強では、「点数」というわかりやすい指標が使われます。

高い点数を採れば”頭のいい子”だとみなされ、点数が取れない子どもは、”頭が悪い”というレッテルを貼られます。

こんな比較の仕方だと、効率よく問題を解いていく子ばかりが、優遇されることになってしまいます。

これは将来待ち受ける、受験にしても、就職にしても同じこと。

若林さんは、そんな”頭のいい子”ではなかったみたいです。

勉強では、わからない問題にこだわり続け、先に進むことが出来ませんでした。

部活動へ入れば練習内容に疑問を持ち、素直に行えない。

先輩には、「くだらないことを考えてないで、とっととやればいいんだよ!」と怒られる始末でした。

なぜそうなるのか?

という疑問を無視できない子供だったみたいです

 

クリエイターの特徴、”強み”と”弱み”

クリエイターは、物を生み出せるという長所がある反面、短所を持ち合わせています。

長所と短所は以下の通りです。

長所

  • 新しいものを生み出す力がある
  • 楽観的な思考
  • 理想主義

 

楽観的な考え方をするため、全体を見ながら不安要素を潰していくのは、得意ではありません。

アップルを創設した、スティーブ・ジョブズのように、未来のビジョンを描ける才能を持っています。

未来像を語るコトで、周囲を巻き込み、理想を現実に変える力を持っているのです。

 

短所

  • 時間にルーズ
  • 物事を完結させるのが苦手
  • 全体を見通すのが得意ではない

新しい物事を始めるのが得意な反面、最後までやり遂げるコトに苦手意識を持っています。

次から次へと新しい思考が浮かんでくるため、淡々と同じ作業を繰り返すと飽きてしまいます。

そのため、継続するのが苦手な人も多いです。

 

頭がいいとは言えない

わからないことばかりに目を向けて、同じ場所を行ったり来たりしているのは、要領がいいとは言えないのかもしれません。

疑問を持たずに、通り過ぎていく人から見れば、

「なんて無駄なことをしているんだ」

と思われる事でしょう。

しかし、逆に考えるとこれは、

“人が気づけないことに気付ける”能力を持っている

と言い換えることが、出来るのではないでしょうか。

 

でも0から1を作れる

なぜ他の人が当たり前に出来る場所で、足踏みしてしまうのか。

なぜ、無視して進むことが出来ないのだろう。

そう思って若林さんは、仲のいいディレクターさんに次のような質問をしました。

 

「そんなに僕って馬鹿ですか?」

 

その時次のような言葉が返ってきたそうです。

 

僕の経験からすると、わからないことにこだわらない人は1から100は作れるけど、0から1は作れないんだよ。

 

つまり、フォーマットをなぞることはできても発明はできないんだよね」

 

と。

 

こだわりが新しいものを生む

この言葉が教えてくれるのは

0から1、つまり新しいものを生み出す人は、わからないことにこだわりを持ち、その疑問を追求することが出来る

ということです。

例えば発明王と呼ばれたエジソンは、”なぜ”という疑問を常に追求していた人物の一人です。

学生時代には、教師に質問し過ぎて授業を阻害していたため、バカにされ見放されてしまったという話があるほどです。

けれどもエジソンは、私たちの生活には欠かせない「白熱灯」を含め、多くの発明品を世の中に残しています。

これはこだわりを持ち続け、疑問を追及したからこそ成し遂げられたコトなのです

 

最後に

疑問を追及出来る人は、決してバカなわけではありません。

彼らは、他の人と違う視点や追求心を持っています。優れた能力があることを、周囲が理解する必要があるのだと思います。

そうすれば、点数に囚われない評価の尺度が出来ますし、個人に合わせた教育によって、新たな物事が生み出される機会が、増えるかもしれません。

学校の勉強や仕事を要領よくこなせない。

そんな方は、こだわりを持ち、新しいものを生み出す力を秘めている方なのかもしれませんね。