読書

人類の歴史は「感染症」との戦いだった | カミュの「ペスト」と現実社会

世界中で新型コロナウイルスが蔓延し、終わりが見えません。

中国から始まり、欧米、アジア、ついにはアフリカへと次々に感染は拡大。

世界的大流行(パンデミック)をWHOは宣言しました。

現代に生きる僕たちは、初めて感染症の恐ろしさに気づいたわけですが、人類の歴史を振り返ると、感染症との飽くなき戦いの歴史だったことがわかります。

だいちゃん
だいちゃん
この記事では以下の2点を中心にご紹介していきます。 

  • 人類の歴史は、感染症と共にある

  • アルベール・カミュ著の「ペスト」と現実の類似性

人類の側には、常に「感染症」があった

感染症と聞いてまず頭に浮かぶのは「ペスト」かもしれません。

この病は、14世紀のヨーロッパにおいて「黒死病」呼ばれ、恐れられました。

ヨーロッパだけで全人口の4分の1にあたる2500万人が亡くなったとされています。

また、「天然痘」は国家をも滅ぼしています。

16世紀、現在のペルーにインカ帝国という大帝国が存在しました。

その帝国は、優れた文化と技術を持ち、8万人もの兵隊で守られた鉄壁の要塞でありました。

そんな大国をスペインから来た数百人の航海者が瞬く間に、滅ぼしてしまったのです。

たった数百人の航海者が、8万人の兵隊を持った大国を滅した

なぜそのようなことが起こり得たのでしょうか?

原因はそう、「天然痘」です。

たった一人の航海者が「抗体を持たない現地人」に放った「疫病」が国を壊滅させるに至ったのです。

カミュの「ペスト」を読んで考える

感染症は、人類の歴史において、常に僕たちの側にありました。

急に現れて、喉元に刃を突きつけられる。

「助けてくれ!」といくら叫んだところで、彼らは無慈悲に命を奪い去っていきました。

1947年、フランスの作家アルベール・カミュは小説「ペスト」の中で、感染症と人類の戦いの凄まじさを描いています。

created by Rinker
¥742
(2022/05/25 22:18:11時点 Amazon調べ-詳細)

大まかな内容は、次のようなものです。

フランスのある都市で、ねずみが不審死を遂げ始めました。

その数は次第に増え続け、人々は「なにか」が起きていることを感じ始めます。

主人公の医師リウーは、その原因が「ペスト」ではないかと推測し、市長に都市封鎖を要求するのです。

しかし、受け入れてもらえません。

そうこうする内に、ペストは都市を飲み込み始めました。

日に日に死者は増加していき、ラジオや新聞は死者の情報を流し続けます。

そしてついに、街はロックダウンされてしまうのです。

だいちゃん
だいちゃん
医師が警告したにも関わらず、政府はその声を無視して事態が悪化する。

中国の医師が政府に進言したにも関わらず、その声がもみ消された

状況とそっくりですね。

 

小説では、このロックダウンは1年近く継続します。

隣町に行くことはできず、家からもろくに出られません。

街は恐怖で静まり返り、疲弊しきっていました。

感染症という不条理の中、人々は何に救いや希望を求めるのか?

どのように生き、何が正しくて、何が間違っているのか?

彼らの姿から、僕たちは不条理とどのように向き合うべきなのか?

学ぶことができるでしょう。

「ペスト」は決してフィクションではない

この小説はあくまで、フィクションです。

通常であれば「小説ではこんな恐ろしいことが起こっているけれど、現実は大丈夫だ。

よかった。よかった。」と胸を撫で下ろすところなのですが、この作品に限っては、僕は現実とリンクしているように思えてなりません。

  • 人災とも呼ぶべきような、政府の後手対応

  • 世間の人々の次のような心情の変化

⬇︎

  1. 死者の増加が報道され始め、人々は毎日テレビのワイドショーで一喜一憂する

  2. 次第にその興奮は収まり、この感染症は永遠に続くのではないかと思い始める

  3. 希望を失い、疲弊していく

  4. 感染者は頭打ちになり、少しずつ下降線をたどる。

  5. 本当に終わったのか?
    と疑いながらも、人々はわずかな望みを抱き始める

まるでこの小説が現実であるかと錯覚するほど、本書はリアリティを持って、読者に訴えかけてきます。

人類は常に「不条理」の中にある。

どれだけ文明が発達し、医療や技術が発達しようとも、人のすぐ側には天災があって、簡単に築き上げたものなど破壊される。

このような事実を、嫌でもかというほど突きつけてくるのです。

「ペスト」は今も生きている

  • ペスト

  • 天然痘

  • SARS

  • MARS

感染症にはいくつもの種類があります。

果たして人類は、それらの感染症に打ち勝つことができたのでしょうか?

答えは、NOです。

人類が唯一根絶した感染症は、「天然痘」しかありません。

その他の病気は今もどこかに身を潜めていて、私たちにいつ牙を向くかわからないのです。

感染症は近い将来、必ずまた起こります。

そのことだけは忘れないでおきたいです。

最後に

小説を読むのはちょっと…
という方は、こちらの動画を参考にしてみて欲しいです。

中田敦彦氏が「ペスト」について、「わかりやすく」概要を説明してくれています。

今の世の中だからこそ、きっと共感して観ることができるはずです。

created by Rinker
¥742
(2022/05/25 22:18:11時点 Amazon調べ-詳細)