これからの時代を生きる力

リーダーが持つべき5つの役割とは? コレが信頼される基本姿勢だ!

リーダーに必要な資質は何なのだろう?

一般的なリーダー像として、

  • 一人のリーダーが先陣を切って周囲を引っ張る
  • 自らが率先して行動する

そんな姿をイメージする方が多いのではないでしょうか。

 

しかし実際の所、上手く機能している組織やチームでは、必ずしもそんなリーダーが先頭に立っているワケではありません。

他にも違ったリーダーシップの在り方はあるはずなのです。

そこで今回は、優れたリーダーになるにはどのように振る舞えばいいのか

今まで出会ってきた中で、「この人なら尊敬できる、ついていきたい」と思わせてくれたリーダーの特徴と役割を5つみていきたいと思います。

 

やらなくてもいい仕事は任せる

自分でやった方が早い病」という著作が出版されるように、仕事を他の人に任せられない人は多いです。

なぜなら、自分でやった方が早いから。

 

仕事を理解出来ていない人にお願いする場合、依頼する仕事の背景や理由なども説明する必要があります。

加えて、初めは失敗することも多いです。尻拭いのために仕事が増える可能性だってあります。

その結果

任せるのは面倒だから、自分でやってしまおう。

と仕事をすべて自分で抱え込んでしまうのです。

 

しかし、優れたリーダーは、自分でなくても出来る仕事はどんどん他の人に任せます。

 

任せた後は進捗確認をしたり、「助けて下さい!」と言われた時に、すぐに手を貸せる状態にしておく。

そうすることで、仕事を抱え込まずにタスクを回していくことが可能になるのです。

仕事を抱え込めば、いつかは手が回らなくなる。任せられる仕事はお願いすることが大切。

 

確かに初めの内は、余計な手間がかかって面倒に感じるでしょう。

けれども長期的な視点で考えると、

後進を育成して仕事が出来る人間を増やす方が、遥かに自分が楽になる

のです。

 

結局一人で出来る仕事には限界があります。

どんなに優秀な人であっても、一日は24時間しかないのです。

任せられる仕事は周囲に任せて、自分は一段階上の仕事に挑戦しましょう。

 

言うべきことはいう

人は嫌われたくない生き物です。

争いを起こさないためにも、注意するのをためらってしまいます。

もちろん、リーダーだって人から嫌われたくありませんが、必要な時にはしっかりと注意してくれます。

危険な芽を早く摘んでおかなければ、問題が大きくなった時に対処することが出来なくなり、チーム全体が困るからです。

リーダーは嫌われる可能性があっても、本当に大切なことは言わなければなりません。

チームのためを思うのであれば、あえて嫌われ役を買って出なければならないこともあるのです。

リーダーには、言いたくなくても言うべき時がある。例え、周囲から嫌われることになっても。

 

 

周囲に安心感を与えられる

以前働いていた職場の上司は、いい意味で「ゆるい」雰囲気を生み出すことに長けていました。

誰かがトラブルを持ち帰っても、悠然と構えてメンバーを励ましてくれます。

 

オッケーオッケー。まあ何とかなるから大丈夫だろ。

上司と話していると、どれだけ大変な状況にあっても、不思議と「何とかなる」ような気持になってくるのです。

そして、いつの間にかトラブルは解決していました。

もしも、そんな状況の中で怒られていれば、萎縮してしまい、最良の打開策を考えることは出来なかったと思います。

怒られるのに怯えるほど、部下は失敗の報告をしなくなります。その結果、小さなミスが積み重なり、大きなトラブルに繋がっていた可能性もあります。

なぜそのような事態を避けられたのか。

それは上司が、周囲に「安心感」を与えていたからに他なりません。

「困ったことがあったらこの人に相談したら何とかなる」

そんな気持ちを周囲に感じさせる能力が、リーダーには必要なんじゃないかと思います。

 

真面目な人

ここでいう真面目は、性格的なことではなく、仕事に対する姿勢の事を指します。

つまりメンバーや取引先、ひいては直接は関係のない人や仕事の事を、真剣に考えているかということです。

一つ一つの言動や振る舞いには、取り組む姿勢が現れます。

心の中で考えていることは、周囲にバレないと思っていても、普段の振る舞いから意外と見抜かれてしまうものです。

仮にリーダーが

  • お客様なんてどうでもいい
  • 製品の質は悪くても仕方ない

そんな考えでいると、リーダーの思想がチーム全体に伝染してしまいます。

結果、崩壊への道をチームは突き進む事になるでしょう。

 

リーダーとして最も大切なことは、

  1. 納期は必ず守る
  2. 嘘をつかない
  3. 顧客にとってより良いものを

といった、誠実な思いを持つことです。

リーダーが模範にしたいと思うような姿勢で仕事に取り組むことで、チームはより大きな力を発揮できるようになっていくのです。

 

学ぶ姿勢を持っている

仕事が出来るリーダーほど、誰からも学ぼうとする姿勢を持っていました。

20歳の若造である自分に対しても、色々質問や共感をし、「勉強になったよ」という言葉をかけてくれます。

その姿を見て、「こんなに凄い人であっても、学び続けているんだ」と感激したものです。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

という諺がある通り、仕事の出来るリーダーはいずれも謙虚でした。

  • 挨拶は自分から部下にする
  • 自分の知識・経験に奢らない
  • 言い訳せず、悪い部分は謝罪する

リーダーこそ、率先して部下の模範となる姿勢を貫くこと。

その姿を見て部下たちは「この人についていこう!」という気持ちになるのです。

 

最後に

私が尊敬していたリーダーは、上で述べた特徴を持っていました。

最もありがたかったのは、どんと構えて「安心感」を与えてくれていたことでした。

どんな状況になっても頼れる存在があることで、楽しくのびのびと仕事をすることが出来たからです。

私自身も、将来はそんなリーダーになれたらと思っています。

まだまだダメな所が多いですが、理想に近づけるように努力していきたいと思っています。

悩むことも多いですが、頑張っていきましょう。

 

 

リーダの心得を学べる本

ご存知の方も多いですが、やはり本書はリーダーの心構えを学ぶ上では欠かせません。

今回記載した内容も含め、多くのビジネス書やブログで語られているリーダー本の多くは、

本書の焼き直しに過ぎません。

この本を読むだけで、巷で言われている「~べき論」は網羅できるはずです。