これからの時代を生きる力

情報格差がなくなる中で、大切なのはどんな身体的体験をするかというコト

インターネットであらゆる情報が得られる現代。

世界中の土地をGooglemapで検索すれば、写真やロードマップが表示される。

まるで、その場に行ったかのような気持ちになれるのです。

今までは、本や周囲の人間関係の中からしか得られなかった耳よりの情報は、誰かがWebに書き残すことによって、みんなの手元に届くようになった。

誰もが平等に情報を得られる状況になり、情報の格差は一見縮まったかのように思えます。

けれども僕たちは、情報を摂取するだけで、それらを自らの血や肉に変換出来るかというとそんな事はないように感じます。

情報が溢れているからこそ、これから大切になるのは、大人や子供に限らず「いかに身体的な体験をするか?」なのだろうなあと。

今日はそんなお話し。

実際に目で見て、感じるコトが大切

誰もが同じ情報を得られるからこそ、周囲との差を付けたいと思った際には、身体的な体験が最も重要な決め手になってきます。

本やパソコンといった、無機質で人工的なものからだけではなく、実際に自分の足を動かして、自然の中に身を置いてみる。

そうすると、人工物からは感じなかった、草木の匂いや肌に突き刺さるような、温かい太陽の日差しを感じるコトが出来るでしょう。

五感をフル活用することによって、“生”の情報は自分の実体験として刻まれ、忘れるコトの出来ない経験になると思うんです。

新しい土地で刺激を受ける

周囲の友人を見ていると、

旅をしている、あるいは普段とは異なる環境に身を置くことで、顔つきや考え方が変化している人がいます。

異世界に触れ、異なる風を受けるコトで、今まで定着していた既存の憑き物が、ごっそり削げ落ちた状態に近いのかもしれません。

僕自身も海外を訪問するコトで、”常識”というものが、狭い世界での決まり事に過ぎないことを知りました。それに、自分の存在が、ちっぽけで取るに足りないものであることも。

大自然や異なる土地や文化に身を置くコトは、人間にとって非常に大切な事なんだと気づかされます。

あわせて読みたい
タイの首都バンコクへの海外旅行記 初めてのアジア旅行海外旅行に行く機会は、これで3度目。 グアムとヨーロッパ旅行の経験しかない自分にとって、今回のタイ旅行は非常に"学び"の多い旅でした。...

ルーティンワークに非ルーティンを1つ付け足す

少し話は変わるのですが、毎日のルーティンワークに”ちょっとした変化を付け加える”コトが大切だと感じています。

通勤時間を少し早くしてみる。

いつも通る道とは違った道を利用する。

同じ商品ばかりではなく、新商品に手を出してみる。

一つ一つは些細な事かもしれませんが、積み重なれば、大きな変化となります。

そして、いつしか、小さな変化は積み重なり、自身の大きな経験として刻まれていきます。

先ほどは、旅や異なる環境に身を置くコトが大切だと言いましたが、それは別に些細なコトでいいんです。

海外旅行へ行く必要はないし、自分を追い込むような環境に身を置く必要もない。

確かに刺激の量が違えば、感じ方の強度は違う。それは当然です。けれども、ちょっとした変化を積み重ねるだけでいいのです。

「自分は周りの人と比べて、大した経験をしていない」

決してそんなことはありません。

一人ひとりの経験は、誰にも犯されない貴重な物であり、誰にも奪われない最も重要な資産になっていくのだと思います。

あわせて読みたい
精神的な豊かさは、人を幸せにしない。自分の中に判断基準を持つ必要性。ネットが浸透するに従って、他者の生活や価値観を垣間見ることの出来る機会は増えました。 その影響もあってか、自分と異なる他人に対して、精...

最後に

本やインターネットから情報を得れば、”何でも分かる”人間になれる。そう思っていた時期がありました。

けれども、それは思い上がりであり、情報だけでは真実に辿りつくコトは出来ません。

実際に自分の目で見て、感じるコトでしか本当の意味で理解は出来ない。

わざわざ労力を使うのは、一見遠回りのようにも思えますが、ジワリジワリと効果は出てくるはずです。

即効性ばかりが称賛される時代において、あえてスローなテンポで進んでいく。

意外と大切なことなんじゃないかと思いますね。