これからの時代を生きる力

ヒューマンスケールに沿った生き方から人類の身の丈を超えてしまった未来

未来の世界について考えた時、脳内に映し出される光景はどのようなものなのだろう。

AIが発達し、ロボットと人間が協力している世界。医療の発達によって、人類は死ななくなっているのだろうか。あるいは、人間はそこにはもういなくて、荒れ果てた荒野が広がっているだけなのかもしれない。

祖母と話していた時に、ふとそんなことを考えた。自分達の未来にはどんな光景が待ち受けているんだろうって。

ビジネス本を見ると、「数年後の未来に向けて計画を立てよう」とか「過去から未来は予測出来る」などと語られているけれども、未来を予測することなんて果たして可能なのか。

祖母はあと数年すれば100歳という大台を迎えようとしています。一世紀という時間を過ごし、日本における時代の変遷とともに生き抜いてきました。

今から100年前といえば、1918年。世の中は第一次世界大戦の真っ只中にありました。お国のために死ぬことが当然とされており、男性の多くは成人を迎える前に戦士として戦場に赴いていました。そして残された人たちは、攻撃から逃れるために、疎開したり、防空壕に隠れたりしていた。

食べ物も十分に与えられず、子どもの命は簡単に失われてしまう。そんな時代だったのです。

その後も日本は戦争を繰り返し、荒れ果てた荒野を数多く生み出してしまいました。

時は流れ、2018年。現在では、戦争があったコトなど信じられないような平和な国になっています。食べ物は十分すぎる程溢れかえり、世界一安全であると言われるほど、僕たちの生命は守られている状態。

加えて、

テレビ

携帯電話

インターネット

自動車

といった便利な道具が、僕たちの生活を覆い尽くすようにようになりました。それらは、ほんの数十年の内に生まれ、僕たちの日常を変えてきたわけです。

携帯電話の登場によって、世界中の人といつでもどこでも会話をすることが可能になりました。テレビを見れば、芸能人の生活ぶりなど、普段知る由もなかった人たちを垣間見ることができます。そして自動車に乗れば、全国各地に簡単に移動できる。

きっとこんな未来がくるなんて誰も予測できなかったはずです。

 

関連記事小商い(スモールビジネス)がなぜ注目されているのか? 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ

 

昔話の中の世界

祖母に話しを聞くと、若い頃には山へ芝刈りに行って、川へ洗濯をしにいくのが当たり前の日常だったそうです。朝早くには田んぼへ出かけ、日が沈む頃には家路につくような生活。

桃太郎の冒頭文である「昔々あるところにおじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました」の時代が100年程前には存在していたということなのです。

そんな時代に生まれた祖母は、今の世の中をどんな思いで見つめているのだろう。

そんな風にふと考えたわけです。

ドラえもんで描かれる21世紀なんて夢物語だと今を生きる僕たちが考えるのと同様に、祖母からすると現代は夢物語の中にいるようなものなのかもしれません。

 

関連記事仕事は複数持つのが当たり前の時代へ 単職から多職への転換期

 

身の丈に合った生活を忘れないでおきたい

このように、社会は100年ほどの間にすさまじい発展を遂げました。

あらゆるものが便利になり、人間のスケール以上のもので溢れかえるようになりました。膨大な情報の量、自動車・車といった高速で走る鉄の塊の存在、高くそびえたつ高層ビルなどなど。

そしてそれらは、知らず知らずのうちに人間の生活と同化しつつあるように感じます。

昔は歩いて移動できる範囲での仕事だったのが、電車や車が移動を可能したため、都市部で働く人がどんどん増えた。

本や地域の人たちからしか得られなかった情報は、インターネットが世界中にアクセスを可能にしたことで膨大に範囲が拡大した。

もちろん、不便が便利になり、生産性が向上することは素晴らしいことだと思います。でも、ふと「これが正解なのだろうか?」と一歩立ち止まりたくなる時があるのも事実です。

 

いつの間にか僕たちの生活は、「人自身の能力」で対応できるものではなく、「人+機械」で対応できるものが、標準になってしまったんじゃないかと感じるのです。

電話で連絡が取れてしまうがために、いつでも仕事の電話が掛かってくる。新幹線に乗れば通えてしまうがために、遠方に出張になったり通学してしまうようになる。

人の限界を常に超えた状態で生活しているのは、とても生き苦しいものです。

実際、大多数の人たちが、現状を「当たり前」のこととして認識しているように感じるとともに、この状況が知らず知らずの内に僕たちの負担になっているんじゃないかと思うワケです。

たまに立ち止まって、「今の状況を見つめ直してみる」。自分は「人間の能力以上のコトを当たり前」として認識していないだろうか、あるいは「もっとペースを落としてもいいんじゃないか」。

といった具合に考えることが必要だと感じた、とある一日の備忘録。