学術書

性”を売る理由と貧困の連鎖を『彼女たちの売春』が暴く

女性、特に若ければ若いほど”性”の価値は神聖で高貴なものとみなされがちです。

 

“性”を売ることで女性は大金を手にし、男性はつかの間の快楽と愉悦を得る。

 

表のメディアでは決して取り上げられることはありませんが、社会のいたる所で”売春行為”は行われています。

彼女たちが”性”を売る理由は、果たして”お金”だけが理由なのでしょうか

 

本の著者である、荻上チキさんは2011年から2017年まで、毎年100人にも渡る売春(ワリキリ)女性への取材を行ってきました。

今まで、売春女性に対して直接インタビューを行い、これほど多くのデータを集めた人物はほとんどいないでしょう。表舞台には決して現れることのない裏社会において、データは何を示したのでしょうか。

 

そもそも売春(ワリキリ)とは

 

ワリキリは、風俗店舗に所属するものでもなく、グループで裏風俗を作るのでもなく、特定のメディアを活用し、個人で客をとって行う売春の形態だ。

 

性労働には、風俗、AV、デリバリーヘルス、飛田新地に代表される遊郭など、様々な形態が存在しており、ワリキリは、その一種といえます。

 

売春をする理由は”お金”だけではない

全国各地の女性にインタビューをする中で見えてきたもの。

 

それは、彼女たちの売春を行う理由に、”貧困”が必ずしも関係しているわけではないということです。

 

もちろんお金を理由に始める人はいます。

しかし「興味本位で始めた」、「友達の紹介でなんとなく」、といったように、ワリキリを始めた理由は様々であり幅広いです。

ですので、以外にも楽しんで仕事を行っている女性もいます。

例えば、アイは20歳の大学生。一人暮らしの生活費や大学の学費などを稼ぐ必要があったことが始めたきっかけになりました。

もちろん当初は、資金を得ることが仕事を行う目的でした。

しかし、いつしか奉仕精神の強い彼女は、セックスワークが天職だと思うようになっていくんです。

また、年上の男性は文化的な体験をさせてくれるなど、”大人の世界”を覗かせてくれる魅力があるのもメリットだといいます。

 

売春に手を染める理由

確かにアイのように、中には楽しんで仕事に組んでいる女性はいます。

 

しかし一方で、生活苦や精神疾患(自傷行為や過食など)を理由に、昼の仕事に就くことが出来ず、仕方なく夜の仕事に排斥されてしまった女性も多くいるのですね。

 

本当は嫌だけれども、生きていくためには仕方がなかったのです。

いやいや、でも夜の仕事以外にも一杯選択肢はあるよ。生活保護もあれば、人と接しない仕事も中にはあるだろう。そんな意見もあることと思います。

 

けれども、実際には選択肢があることと、選択できることはまったく違う問題なのです

 

虐待や暴力を受け続けた彼女たちだが、NPOや行政などに頼ったことがあるという話は殆ど聞いたことがない。

 

児童相談所に保護された経験のあるユズは、「自分が悪い子だから」児童相談所や傾圧にやっかいになったのだと信じていた。

 

家出をして街をさまよった者も、自分で稼げる年齢になってから実家を出た者も、自分で稼げる年齢になってから実家を出た者も、そうしたセーフティネットよりも、ワリキリをすることのほうが、選択肢として身近なものなのだ。

 

人は周囲の環境に左右される生き物です。「朱に交われば赤くなる」という諺があるように、周囲の影響を簡単に受けて染まってしまいます。

友達から紹介されたり、好きな男性から薦められれば、売春はより身近なものとして感じてしまうんですね。

なので、本来は「セーフティネットに頼る」という選択肢があったとしても、それは存在しないことと同じになってしまうんです。

 

困っている人を助けるのが社会の役目ではないのか

一般論で言えば、ワリキリ行為に手を出すというのは断罪されるべきことなのかもしれません。

 

しかし、社会から排斥された彼女たちを生み出したのは、紛れもない私たちの社会なのです。

 

現在では、シングルマザーによる貧困問題・生活保護・ブラック企業問題などが議論されていることをよく目にしますよね。

これは、多くの人が問題意識を持っており、声を上げ始めたから注目されるようになったんですね。

ただ、売春に関しては当事者の総数が少なく、認知されにくいために問題として浮上してくることは考えにくいです。

社会から排斥されて苦しんでいる人たちが沢山いるにも関わらずです。

 

僕は、もっと社会問題として議論されるようになって欲しいと思いますね。

 

2種類の貧困

荻上さんの調査結果によると、売春を行う女性は”経済的貧困“、”人間関係の貧困“を抱えていることが多いです

 

経済的貧困というのは、一般的に言われる貧困のことを言います。お金がなく、生活が苦しい状態のことを指します。

 

一方、人間関係の貧困(社会的孤立)というのは、親がコミュニティに上手く溶け込むことが出来ず、職場や地域から孤立

 

誰にも支援を求めることが出来ません。

 

その結果、精神疾患やアルコール依存、暴力を振るうといった問題を抱えてしまう状態のことを言います。

 

“貧困”の連鎖に繋がっていく

ここで注目すべきことは、”貧困の連鎖”が起ってしまうということなんですね。

家庭の基盤が不安定のため、親が病気や失業すれば簡単に家庭が崩壊、子供がネグレクトされてしまうこともあります。

その結果、子供は満足な教育や生活を送ることが出来ず、給料の低い仕事にしか就くことが難しくなります。親の影響で子供に悪い影響が及ぼされる。

 

いわゆる、負の連鎖が続いてしまうんですね。

 

子どもたちには、何の罪もありません。一刻も早く助け船を出して、負の渦から脱出できる手助けをする必要があるのではないでしょうか。

 

あとがき

今回”彼女たちのワリキリ”を読んでみて、社会には”問題として取り上げられない問題”があることを身にしみて感じました

 

本の中で語られる彼女たちの生々しい気持ちの吐露は、多くの人に考えるきっかけを与えてくれることでしょう。

 

昨今では性労働に対する書籍が、いくつか出版されています。

職業としてのAV女優」、「さいごの色街 飛田 (新潮文庫)」の書籍を読めば、アンダーグラウンドにはどのような人たちが存在し、社会として今後何をすべきかが見えてくるはずです。

臭いものには蓋をするのではなく、事実として現実を受け止めた上で、一人ひとりが行えることがないか考えていきたいですね。