オピニオン

仕事のストレスで限界を感じたら | 心身を壊す前に心の声を聞こう

この記事でわかること

  • 「無理をしない」ことの大切さ
  • 自分の心の声を無視してはいけない
  • どれだけ優秀な人間であっても、身体を壊せば何もできない

無理をしないことは簡単なようで、難しいです。

  • やらなければならないこと
  • やりたいこと

これらは次々と思い浮かんできますし、頑張り屋な人ほど限界が分からずに突き進んでしまいがち。

働いている人であれば、「会社を休むことに抵抗がある」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分一人が休んでも大した影響はないと分かっているのに、休むことに罪悪感を感じて、多少辛くても無理に出勤してしまう。

周囲から「もっと気楽にいこうよ」と言われても、限界が来るまで頑張ってしまう。

恐らく多くの方が経験されていることだと思います。

ただ僕が感じていることは、

「無理をしないことって案外大切な心構えなんじゃないの?」

ということなんです。

「無理をしない」ことの大切さ

無理をすれば、あとで大きなダメージを受けるかもしれない

僕自身、初めて勤めた会社では

  • お客さんのためにできることは何でもしよう
  • 会社の利益になるなら、自分を多少犠牲にしてもいい

といった気持ちで仕事をしていました。

先輩たちに追いつくためには、上司からお願いされたことには、「はい、やります!」と即答しなければならない。

ちょっと風邪を引いたからといって、休むなんてとんでもない。

  • 早朝出勤
  • 毎日残業
  • 仕事のあとは接待

とにかく若手なんだから頑張らなくては!

そんな気持ちで働いていました。

その結果どうなったか。

僕は体調を崩し、起き上がることすらできなくなってしまいました。

ちなみに病名はアレルギーによるアトピーでした。

疲労と鉄によるアレルギーの影響で、顔は湿疹まみれになりました。

毎日見栄えの悪い顔を気にしつつ、痒さに気が悶えそうになる毎日。

結局1年半勤めましたが、苦しさに耐えられず渋々会社を辞めることにしたのです。

関連記事
>>アトピーが教えてくれたこと | 病気になって景色が変わった話

病気になってしまうと、夜は眠れず、外出することすら困難でした。

毎日ひたすら寝て、時間を潰す。そんな状態が半年ほど続きました。

自分の気持ちに蓋をしないでおこう

どうすればこんなことにならずに済んだのか?

僕の一番の過ちは「自分の心の声を聞こうとしなかったこと」にあります。

  • これ以上頑張ったら心身が壊れてしまう
  • もうキャパシティを超えてしまっている

実際「これ以上頑張るとまずいかもしれない」と感じることはありました。

しかし「自分の気持ちを無視」して頑張り続けたことで、「寝たきりになる」という多大なダメージを受けることになってしまったのです。

人のキャパシティ(許容量)は、それぞれ異なります。

  • 身体の丈夫な人
  • すぐに体調を壊してしまう人
  • 厳しい環境でも平気な人

何を言われても動じない人がいる一方で、些細なことを気にして眠れない人だっているのです。

真面目な方ほど「もっと頑張らなくては」と思うのかもしれません。

けれども、一番大切なことは「自分自身と対話すること」なのです。

そろそろ限界なんじゃないの? これ以上やるとまずいんじゃない?

今一度、自分の心の声を聞いてみましょう。

無理をせずに自分のペースで進んで行くことが、一番大切なことだと思うのです。

無理をしても、逆効果?

無理をしないのが大切だと分かっていても、「あと少しだけ…」という想いが頑張る気持ちを後押ししてしまいます。

例えばその代表的なものが、会社の「残業」です。

明日で十分間に合うと分かっていても、不安や焦りから手を付けてしまいます。

しかし無理をして頑張った所で、逆に効率が悪いんじゃない?

とも思うのですね。

実際のところ、1日8時間の労働時間のうち、本当に集中できている時間はどのくらいあるでしょう?

感覚的にいっても、ざっと2~3時間ではないでしょうか?

いやいや、長時間集中して仕事してるよ!

そう思われる方もいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

どれだけ忙しいと言っている人でも、ボーとしている時もあれば、トイレ休憩に行ったり、別の事を考えている時間があるはずです。

わずか5分であっても、そんな時間が10回あれば50分。

実は集中できていない時間って案外多いのです。

人間の集中力は長時間保てないもの。

無理して頑張りすぎると逆効果になります。

残業はそもそも「8時間という長い労働にプラスして働く」ことを迫られます。

ただでさえ集中できる時間は短いのに、より長い時間拘束される。

思考力は落ちていて、注意散漫な状態でダラダラと行う残業。

頑張っているといえば聞こえはいいのですが、その実態は「非効率な労働の集積」という側面が強いと思っています。

もちろん本当に忙しくて長時間働いている人を否定はしませんが、大半の人はそこまでする必要はないんじゃないでしょうか。

無理をしないことは難しいことですが、無理をして頑張った所で

「あまり状況は進展していない」

なんてことは多いです。

無理して頑張っても、身体の強いタフな人でなければ、その労働に耐えることは出来ません。

僕のように必ずどこかで心身を壊してしまいます。

まずは心の声を聴きましょう。

その上でどうするかを判断していくことをオススメします。

最後に

僕は新卒で手に入れた「就職」という片道切符を、たったの1年半で失ってしまいました。

加えて、20代前半という貴重な時間を「病気」によって奪われてしまいました。

もし自分の身体が悲鳴を挙げていることに耳を傾けていたら、別の人生になっていたのかもしれません。

今でもまだ当時の会社で働き、楽しい毎日を送っていたのかもしれないです。

どれだけ仕事ができて優秀な人間であっても、身体を壊せば何も出来なくなります。

無理だと思ったら、自分の身体を優先してください。

さもなければ、あなたの貴重な時間が失われてしまうかもしれませんので。

created by Rinker
¥1,320
(2022/12/06 22:21:03時点 Amazon調べ-詳細)