客先常駐

転職エージェントで内定4つ獲得しました | 受託開発(自社内開発)〜社内SE or システム運用・保守への転職

エンジニアの転職理由として、よく挙げられるのは以下の3つです。

  • 他にやりたい仕事がある
  • スキルアップしたい
  • 給与に不満がある

私は4年ほど客先常駐の経験があり、スキルアップのために「客先常駐SE → 受託開発(自社内)」へ転職した過去があります。

しかし、せっかく手に入れた社内開発ができる環境をたった10ヶ月ほどで捨て、運用・保守(自社開発)企業に転職しました。(2022年5月現在)

この記事では、以下の事柄を中心にご紹介してきます。

  • なぜ社内開発の環境を捨てたのか?

  • 退職後に何をしていた?

  • 転職活動の進め方と苦しかったこと

“今”の仕事に悩んでいるエンジニアの方に参考になる内容になっています。

私の経歴(2022年5月現在)

  • 年齢(30)

  • 私立大学文系卒業(産近甲龍レベル)

  • 中堅鉄鋼商社での法人営業・・・1年半

  • 職業訓練校(WEB系)・・・3ヶ月

  • 小規模ソフトウェア会社(SES)・・・4年

    3社経験(担当プロジェクト)

    ・ログ検出ソフトウェアの評価・・・1ヶ月

    ・キッティング作業・・・2ヶ月

    ・大手メーカーでのレコーダー開発・評価業務・・・3年半

  • 受託開発企業(自社内)・・・10ヶ月

    ・自動車のシミュレーション開発・評価業務(Matlab/Simlink)


    ・ICチップの信頼性確保

  • 自社開発企業・・・これからスタート(2022年5月〜)

なぜ自社開発ができる環境を捨てたのか?

上述した受託開発企業では、自動車関連の仕事をしていました。

  • 技術力を磨ける環境
  • スキルの高い同僚
  • 満足のいく給与

私が転職活動の軸としていた、これらの要素が詰まった魅力的な職場でした。

また自社で開発でき、人間関係も良好、変化を恐れずに改善を積み重ねる企業風土は、私にとっては理想の環境でした。

しかし以下の理由によって退職を考え始めました。

  • 業務の難易度が高すぎる
  • 周りは理系の院卒・博士が多い
  • 変化のスピードが早い

私が行っていたのは自動車のシミュレーション開発やICチップの信頼性確保がメインでした。

これらの業務を行うためには、

  • 数学・工学の知識
  • プログラミング能力
  • ソフトウェア・ハードウェアの知識
  • ツール類(Matlab/Simlink/Visual Studio)

といった幅広い知識が必要になりますが、周囲は学校で体系的な知識を身に付けています。

彼らとのベースが違いすぎて、「文系であり・数学が苦手」な私は会話に付いて行くことで精一杯。

優しく噛み砕いて説明されていることは理解できるのですが、それでもわからないことも多かったです。

また私の勤めていた企業では、インドやタイで技術者を育て、日本に送り込んでいました。

同僚の3-4割は海外出身であり、中には6ヶ国語を操れるエリートまでいました。

業務を通じて、”本物のエンジニアとのスキル差“に愕然とし、”変化のスピード“に対応できなかったことが退職に繋がった要因だったと考えています。

退職後に何をしていたか?

仕事を辞める前の私は精神的に追い詰められていました。

  • 仕事の不安で眠れない
  • 頭がボーとして何も考えられない
  • なぜだか涙が出てくる

実際に心療内科を受診し、「うつ病」の一歩手前だと診断されました。

退職したところで、私の将来は真っ暗で、希望がないんじゃないだろうか?

そのような不安に襲われることもありましたが、退職して半年たった現在、当時の傷は大方癒え、前向きに考えられるようになっています。

以下では、私が退職後に何をしていたのかを記載していきます。

1) 旅

仕事を辞めた後は、あちこち旅に出かけていました。

当時は大阪に住んでおり、近くで行ったことのない場所には出来る限り足を運びました。

その中でも印象に残っているのは、フェリー旅です。

  • 大阪の南港〜大分の別府
  • 大阪の南港〜福岡の門司

夜行便で出発し、現地の朝に到着する。

はじめてのフェリー旅に興奮し、胸が踊る貴重な体験でした。

以下の記事に詳細を記載しています。

>>comming soon…

2) アルバイト

退職後はすぐに転職活動をする気になれませんでした。

  • 技術力の高いエンジニアになる
  • レベルの高い環境で働きたい
  • 上流〜下流までを担当できるエンジニアになる

私の掲げていたこれらの目標は、現実の高い壁にぶつかって粉々になりました。

当時は自分の技術力を信用できず、エンジニアを辞めようと考えるようになっていました。

ちょうどその頃、友人から「ホテル清掃のバイトを手伝ってくれない?」とお誘いを受けました。

「友人と同じ会社で働くと仲が悪くなるのではないか?」という懸念もありましたが、実際に働いた2ヶ月間は非常に楽しかったです。

  • 社内に友人がいることの面白さ

  • 私のIT技術が「人の役に立つ」こと

  • 偏見を持たずに人に関わっていくこと

アルバイトを通して、改めてこれらの大切さに気づくことができた貴重な経験でした。

3) 資格取得

今まで資格に興味がなかった私ですが、以下の理由から資格を取ろうと考えるようになりました。

  • 転職には”実績が必要”
  • 客観的に示せる指標が欲しい
  • 不足している能力を磨きたい

転職時には「自分は何ができるのか?」「どのような行動を取ってきた人間なのか?」を客観的に伝える必要があります。

私はプログラマーになりたいと思っています!
実際コードを書いていない

私は”基本情報技術者試験”の勉強をしています!
資格を持っていなければ、本当に勉強しているのか?は相手にわからない

客観的に示せる指標がなければ、発言に説得力がなくなります。

また”能力を確認したい”と考えたことも資格取得の理由です。

  • 働いていた期間で何ができるようになったのか?

  • 何の能力が不足しているのか?

仕事ではC言語を使用していたため、「C言語プログラミング能力認定2級」を取得しました。

>>C言語の資格「C言語プログラミング能力認定試験」| 試験の概要とおすすめ本・学習サイト

>>【C言語の資格】C言語プログラミング能力検定試験2級合格【体験記】

また”構造化する技術”が不足していたため、「Webライティング実務士」の資格を取得しています。

>>comming soon…

4) 自身の性質やスキルの振り返り

転職活動をする前に、自身のスキルを棚卸しすることをおすすめします。

できること、できないことを可視化することで、自身の強みや弱みが見えてくるからです。

私の場合であれば、

強み

  • 好奇心が強い
  • 情報収集力がある
  • 未経験からのリーダー経験(要因:5名程度)

弱み

  • 人見知り気質
  • 上流工程の経験がない
  • 自分で作ったプロダクト/ポートフォリオがない

こんな感じで、整理してみました。

また、自身の性格を振り返ることも大切だと思います。

  • どのような時に楽しいと感じるのだろう?

  • これだけはされたくないことって何だろう?

という風に、過去を振り返って、自身の性質について考えてみるのです。

人には生まれ持った気質があります。

これは生まれ持った活発さ、敏感さなどのことですが、一生変わらないと考えられています。

そのため、自分の性質について考えることは、自身に適した環境を探すためには不可欠なのです。

5) 本を読む

仕事をしている時は、業務に追われ、不安に苛まれ続けていました。

好きだった読書の機会が減り、思考が凝り固まっていたような気がします。

以下では転職活動を支えてくれた本をご紹介します。

転職に役立つおすすめ本

おすすめ① 「科学的な適職」

created by Rinker
¥1,386
(2022/05/26 17:35:59時点 Amazon調べ-詳細)

本作を読むと、「どのような仕事を選択すると幸せになれるか」を客観的な指標を元に判断できるようになります。

一般的な「仕事選びの指標」を根拠を元に否定してくれる所も魅力の一つです。

私はこの本を転職活動の基準にし、記載されている項目ごとに点数を付け、主観ではない客観的な数値で転職先を判断しました。

また一般的な基準として使われがちな、以下の内容は判断基準にならないと断罪しています。

職業選択にありがちな7つの大罪

大罪1:好きを仕事にする

大罪2:給料の多さで選ぶ

大罪3:業界や職種で選ぶ

大罪4:仕事の楽さで選ぶ

大罪5:性格テストで選ぶ

大罪6:直感で選ぶ

大罪7:適正に合った仕事を求める

おすすめ⓶ 「転職の思考法」

本書では転職活動をする上での「思考法」を解説しています。

例えば「一生食えるを確保する4つのステップ」として、以下を紹介しています。

  1. 自分のマーケットバリューを測る
  2. 今の仕事の寿命を知る
  3. 強みが死ぬ前に市場にピボットする
  4. 伸びる市場の中からベストな会社を見極める

「自分の給料は転職相場でどの程度なのか?」「この業界に可能性はあるのか?」といった意見は目から鱗でした。

漫画版も発売されていますので、こちらを先に読むのもおすすめです。

転職活動の進め方

私の転職活動は次の3ステップで行いました。

  • STEP1
    市場価値の把握
  • STEP2
    転職エージェントへの登録
  • STEP3
    求人への応募

それでは詳しく解説していきます。

1) 市場価値の把握

市場価値は需要と供給によって変わります。

バブルの頃に必要とされた人材が「一所懸命に言われたことをする人」だったのに対して、現在求められているのは「自律的に考え行動できる人」です。

社会状況や時代によって求められるものは変わります。

それならば、現在求められているIT人材とは?

その答えが一番簡単にわかるのは、転職市場に自身を差し出して見るという方法です。

同年代には自分よりもスキルがあり、経験を積んだエンジニアが溢れています。

彼らと同じ土俵に立つことで、今後身につけるべき能力、やるべきことが見えてきます。

他者との距離が離れていた場合、その差は月日が経過するにつれて開いていきます。

わかった時には、「実は自分のやっていた仕事は、市場ではほどんど評価されない」といったこともありえます。

これは非常に大きなリスクだといえるでしょう。

市場価値を知るツールとしては、「ミイダス」を利用するのをオススメします。

主な対象者全年代
特徴
【簡単な登録】
登録はミイダスの質問に答えるだけ
職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要
 
 
【自分を知れる】
ミイダスコンピテンシー診断が無料で利用できます。
おすすめ度

登録するだけで、あなたと同じような経験の人がどのくらいの年収で転職しているのか把握できます。

\市場価値から本当のキャリアパスを見出すサービス/

無料登録はこちら(公式サイト)無料登録後も料金は一切かかりません。

2) 転職エージェントを利用する

リクナビやマイナビといった転職サイトの登録だけではなく、転職エージェントに登録することをオススメします。

無料で履歴書の書き方や面接対策をしてくれたり、普通では見つけられない非公開求人を紹介してもらえるメリットがあります。

私は下記のエージェントを利用して、転職活動をしていました。

おすすめの転職エージェント

  • レバテックキャリア
    【公式】レバテックキャリア
    エンジニア特化で15年! 初回の提案での内定率90%! 年収アップ率60%以上

  • リクルートエージェント
    【公式】リクルートエージェント
    転職者支援実績No.1! 業界トップの求人数

  • Doda
    【公式】doda
    業界トップクラスの求人案件数と登録ユーザー数!

  • マイナビエージェント
    【公式】マイナビエージェント
    20代・30代に信頼される転職エージェント! 各業界に精通した専任アドバイザー多数! 

どのエージェントが一番のおすすめ?

個人的な想いとしては、上記でご紹介したすべてエージェントには、「登録→面談」まで試して頂きたいと考えています。

その理由は以下の通りです。

  • 自分の目で見て、感じることが重要

  • 他人にとっての最適解が、自分にとっての最適解ではない

  • 比較することで、何が一番適しているかを理解できる

私にとっての最適解が、あなたにとっての最適解になるかはわかりません。

なぜなら人生のバックボーンや能力、経歴などは一人ひとり異なっており、自身の手で何が重要かを判断する必要があるからです。

その為には、利用できるものはすべて使う。

特に転職エージェントは「登録→面談」が無料なので、利用しない理由がないと考えています。

私が実際に利用してみて、エンジニアにおすすめできる転職エージェントを優先度順にご紹介していきます。

優先度① レバテックキャリア

公式サイトレバテックキャリア

主な対象者20代後半〜40代前半
IT/Web系エンジニアの経験者
エリア関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)/ 関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)/ 九州(福岡)の方
特徴保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上のハイクラス求人

5000件以上が600万円以上のハイクラス求人です。
得意分野大手IT企業からWeb系企業、スタートアップまでを幅広く網羅
おすすめ度

IT転職を目指すのであれば、レバテックキャリアへの登録はしておいた方がいいです。

  • 組み込みエンジニア(C言語)

  • 自社内 or 受託開発

  • 客先常駐なし

私の場合はこれらの条件を満たす転職先を探していたため、求人数は他のエージェントに比べて少なかった印象です。

ただし、レバテックキャリアはIT転職に特化しているため、アドバイスや求人紹介のサポートがとにかく手厚かったです。

初回提案求人の内定率90%!

と謳っているように、求職者と企業とのミスマッチが少なく、少ない応募で内定を獲得できる可能性が高いです。

私の場合も5社程の応募で、希望条件の企業から内定を得ることができました。

年収や働き方の希望条件を叶えたいなら、レバテックキャリアには登録しておきましょう。

\エンジニア転職実績No.1/

無料と登録はこちら(公式サイト)無料登録後も料金は一切かかりません。

優先度② リクルートエージェント

公式サイトリクルートエージェント

主な対象者10〜50代
エリア全国
特徴
業界最大級の非公開求人数
実績豊富なアドバイザー
充実した転職サポート
得意分野総合転職
おすすめ度

リクルートエージェント』は転職支援41万人以上の実績を持つ、信頼性抜群の転職エージェントです。

転職活動で「求人数」は重要な要素でありますが、リクルートエージェントでは一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えているため、希望の求人が見つかりやすいです。

ちなみに私は過去に2度転職をしていますが、いずれにおいても登録しています。

どの転職エージェントにも言えることですが、担当者との相性は非常に重要です。

特にリクルートエージェントは「総合転職」がメインとなっているため、必ずしもIT業界への転職希望者にITの知見を持ったエージェントが担当者になるとは限りません。

実際私の担当者になったのは、ITのことをまったく知らない方で、「希望していない求人」や「的外れのアドバイス」を頂くことも多々ありました。

ただし私の場合は、

  • 過去に転職経験があった

  • 自身で求人情報は調べるので、求人紹介は不要

  • 履歴書や職務経歴書の書き方を理解している

このような状況だった為、転職活動の終わりまで上述の方に担当してもらいました。

ただし、

  • 履歴書や職務経歴書の書き方がわからない

  • 希望の求人情報を紹介してほしい

  • IT業界のことを知りたい

このような方にはITの知見を持ったアドバイザーが必要です。

担当者は合わなければ変更してもらうことができるので、

  • 担当者と上手くいかなかったらどうしよう?

  • 変な求人ばかり紹介されたりしないだろうか?

と不安に感じている方も気軽に登録してみて欲しいです。

求人数が多く、希望の求人が見つかる可能性が高い為、登録は必須だと思います。

\転職支援実績NO1!/

無料登録はこちら(公式サイト)無料登録後も料金は一切かかりません。

優先度③ Doda

公式サイトdoda

主な対象者10〜50代
エリア全国
特徴
転職者満足度No1!
セミナー・イベントの充実
アフターフォローまでバッチリ
得意分野総合転職
おすすめ度

doda』は転職者満足度No1!(電通バスリサーチ調べ)の実績を持つ転職エージェント です。

満足度が高い理由としては、「求人数の多さ」、「キャリアアドバイザーの質が充実している」ことが考えられます。

私が利用した印象としては、転職者満足度No1!の実績通り、「転職エージェントの質」という観点から最も満足したエージェントでした。

理由は以下の通りです。

  • LINEでやり取りする為、連絡の負荷が少なかった

  • 担当者の書類添削アドバイスや面接対策が的確だった

  • 求職者目線で転職活動に向き合ってくれた

総合転職でありながら、社内SEや自社開発企業の求人も充実していました。

Doda経由で社内SEの内定を頂いたこともあるのですが、担当者のサポート力も大きな要因だったと感じています。

初めて転職をする方だけではなく、転職経験者にとっても登録必須の転職エージェントです。

\転職者満足度NO1!/

無料登録はこちら(公式サイト)無料登録後も料金は一切かかりません。

優先度④ マイナビエージェント

公式サイトマイナビエージェント

主な対象者20〜30代
エリア首都圏・関西圏・東海圏が中心
特徴
各業界に精通したプロフェショナル力
他社にはないマッチング力
転職活動のトータルサポート
得意分野IT/通信/インターネットを含めた幅広い業種・業界
おすすめ度

マイナビエージェントは、業界・業種を問わず幅広い求人情報を扱っている転職エージェントです。

20代〜30代に信頼されている転職エージェント1位」にも選ばれており、若者に絶大な支持を受けています。

実際に利用してみた感想としては、履歴書の添削や面接対策などを丁寧に行ってもらえた為、面接で不安を感じることがなくなりました。

また国内最大級の転職エージェントであるため、求人数も多く、幅広いジャンルの中から転職先を選ぶことが出来ました。

\20代〜30代から圧倒的支持!/

無料登録はこちら(公式サイト)無料登録後も料金は一切かかりません。

転職エージェントの仕組み

エージェントが無料で相談に乗ってくれるのには、もちろんカラクリがあります。

タダほど怖いものはないので、注意が必要です。

彼らのビジネスは報酬型と呼ばれるもので、求職者を企業へ送り込むことで報酬を得ています。つまり、私たちが企業に採用されると、その年収の数十パーセントがエージェントに振り込まれる仕組みになっているのです。

ここで注意しておきたいことは以下の2点です。

  • エージェントには自身の意向をしっかり伝えること

  • エージェントの言うことを鵜呑みにしすぎないこと

どのような職を紹介して欲しいのかを伝えることが大切だと思います。

もちろん初めから軸は定まっていなくて構いません。

転職活動をしていく中で、やりたいことの方向性が見えてくることは多々あるからです。

もしかしたら企業報酬を得たいがために、企業を手当たり次第に紹介するエージェントがいるかもしれません。

そのような時には、担当を変えてもらうことも可能です。

人間には好き嫌いがありますので、相性の合う担当を探すとよいと思います。

考えていることや持っている情報や動向は、積極的にエージェントへ共有していきましょう。

転職エージェントと求職者の目指すゴールは同じ

彼らは転職を成功に導いてくれるアドバイザーです。

  • 企業からの内定が欲しい求職者

  • 採用企業からの報酬が欲しいエージェント

お互いの利害は一致しています。

私は当初、エージェントは金の亡者だと思っていました。

「適当な企業を紹介され転職させられる」、「求職者のことを考えずに、自身の報酬ばかりを追い求める」、そんなイメージでした。

けれども、実際に利用してみると実態は違っていました。

  • 求職者の意向をきっちりとヒアリングしてくれる

  • 無理に企業へ応募させようとしない

  • 希望条件に合う企業を探して、紹介してくれる

  • 内定が出た後も、無理やり就職させようとしない

求職者が転職するためにはどうすればいいのか、何がよくて何がダメなのかなど、一人では気づけなかったことを指摘してくれる力強い存在でありました。

転職をお考えの方は、ぜひ一度登録してサポートを受けてみて欲しいです。

3) 求人への応募

私はエージェントだけではなく、ハローワークも同時並行で活用していました。

リクナビやDodaなどの求人サイトは優良企業が多い一方、求職者への目線が厳しくなります。

例えばリクナビに求人を掲載すると、企業はリクナビに広告掲載費を支払わなければなりません。

また求職者を採用するとなると、採用者の年収の数十パーセントもの費用を支払わなくてはならないからです。(※求人媒体によって費用は異なります)

それに対してハローワークには、無料で求人を掲載できます。

企業の採用コストが低いため、採用される確率は上がります。

求人数が多く、いい求人・悪い求人の見分けが難しいのですが、

  • 面接練習ができる
  • 採用される確率が上がる
  • 都道府県によっては書類選考が免除される

といったメリットがあるため、余裕がある場合には活用すると良いかと思います。

転職活動で苦しかったこと

転職活動は辛く・苦しいことの連続でした。

心が不安定になり、逃げ出したいと感じることも多かったです。

以下では、私がどのような時に苦しかったのかをご紹介します。

1) 書類が通らない or 面接に落ちる

転職活動は「社内SE」「事務・総務職」「システム運用・保守」の職種に絞って行いました。

合計で100社ほどの企業に応募しましたが、書類選考すら通過できない日々が続きました。

求人サイトを来る日も眺め、時間を使って目星の求人に応募したにも関わらず、エージェントから送られてくるメールには「今までのご経験とスキルが企業側の求めるものと若干異なったため」という文言。

なかには結果すら連絡してこない企業もありました。

また面接を受けても返ってくるのは「お祈りメール」に記載されている「あなた様の今後のご活躍をお祈り申し上げます」の一文。

今まで築いてきたキャリアを否定され、どこにも必要とされないのではないかと痛感させられたことが、とても苦しかったです。

2) お金の苦労

退職する前は一人暮らしをしていましたが、家賃が払えなくなり、実家に戻りました。

  • 転職活動の交通費が払えない
  • 保険・年金料が払えない
  • 友人との食事も渋ってしまう

親元で生活し、お金を借りないと生活ができない状態になってしまいました。

もちろん「お金よりも大切なものがある」のは事実です。

しかし「お金がなければ生活ができず、人にしてあげられることも限られる」ことを30歳にして初めて痛感しました。

3) 将来の不安

30歳になる節目を迎え、20代の時には感じなかった不安を感じるようになりました。

  • 次の仕事はうまくいくだろうか?

  • どのようなキャリアを築けば良いのか?

  • いつが結婚のタイミングなのか?

  • 両親が定年を迎えた

ただガムシャラに自分のためだけに頑張っているだけで良いフェーズが終了し、「20代で何を築いてきたのか?」「人のために何ができるのだろう?」と考える機会が増えてきました。

20代の頃に憧れていた理想と現実にギャップを感じ、不安を感じています。

転職活動の結果

転職活動の結果は、以下の通りです。

  • 書類選考(約100社)
  • 面接(7社)
  • 内定(4社)

書類選考はエージェント、ハローワーク経由で応募しました。

お見送り理由としては、「スキルが足りない」「企業と求めているものが違う」「前職が短期離職」といったものがありました。

最終的に出た内定企業は、以下の4社です。

  • 社内SE(医療系)
  • 社内SE(福祉商社)
  • 社内SE(機械販売商社)
  • 自社システム運用・保守(医療系)

私レベルの経歴でも競争の激しいと言われる”社内SE”の内定を3社頂けています。

異業界の社内SEに絞れば転職できる可能性は高くなるのではないかと思います。

内定が複数出た時の辞退・断り方

内定が複数でた時の辞退・断り方については、以下の記事に詳しく記載しています。

>>comming soon…

内定が出た時の選択の仕方

内定がでた時の選択の仕方については、以下の記事に詳しく記載しています。

>>comming soon…

最後に

今回が3度目の転職活動でしたが、正直しんどかったです。

新卒の就活、転職活動ともに今までは10社以内の応募で内定していました。

けれども前回・今回に至っては100社近くからお祈りメールを頂いたからです。

ただ、今回の就職活動は充実していたように思います。

  • 僕は将来何がしたいのだろう?

  • どの条件が譲れないのだろう?

活動をしていく中で、その輪郭が浮かび上がってきたからです。

30歳は新しい職種に挑戦出来る、最後の年だと言われることがあります。

だからこそ、より一層、今この時を大切にしたいと思います。

何を願い、何を思い、何をしたいのか。

周りに流されるのではなく、自身で選択をして、納得した上で、人生を歩んで行きたいです。

最後にあなたの転職活動を強力にサポートしてくれるエージェントを再度ご紹介して終わりにしたいと思います。

転職エージェントを使うのは無料ですので、登録・相談だけでもしてみてください。

あなたの希望の働き方ができることをお祈りしています。

おすすめの転職エージェント

  • レバテックキャリア
    【公式】レバテックキャリア
    エンジニア特化で15年! 初回の提案での内定率90%! 年収アップ率60%以上

  • リクルートエージェント
    【公式】リクルートエージェント
    転職者支援実績No.1! 業界トップの求人数

  • Doda
    【公式】doda
    業界トップクラスの求人案件数と登録ユーザー数!

  • マイナビエージェント
    【公式】マイナビエージェント
    20代・30代に信頼される転職エージェント! 各業界に精通した専任アドバイザー多数!