僕たちの生存戦略

村上春樹が”走る”のは、体力作りのためではない

多くの著名人が「走る」という行為を日常的に行っています。

小説家の村上春樹、実業家のホリエモン、iPS細胞を発見した山中伸弥教授といった有名人たちは、いずれも走ることを習慣にしています。

 

なぜ彼らは走るのか。

 

今回はその理由を考えていきたいと思います。

 

“書く”を”習慣化”することが出来る

大人になると、大半の人は運動をしなくなります。

毎日の運動といえば、仕事に行くときの通勤時のウォーキングのみ。そんな人も多いのではないでしょうか。

 

けれども運動、とりわけ「走る」という行為は多くの恩恵を私たちにもたらしてくれます。

 

村上春樹さんは、「走ることについて語るときに僕の語ること 」の中でこんなことを語っています。

 

継続すること – リズムを断ち切らないこと。長期的な作業にとってはそれが重要だ。

 

いったんリズムが設定されてしまえば、あとはなんとでもなる

 

しかし弾み車が一定の速度で確実に回り始めるまでは、継続についてどんなに気をつかっても気をつかいすぎることはない。

参照:走ることについて語るときに僕の語ること

 

小説家という仕事は、言葉を繋ぎ合わせて一つの物語を紡いでいく作業になります。

 

そのためには、毎日少しずつ一定のリズムで、淡々と文章を書いていくことが必要になるんですね。

 

千里の道も一歩から。毎日書くことを継続していくことで、一冊の小説を書きあげることが出来るんです

 

そのためには「走る」という行為を習慣化して、日常に組み込む。

 

「走る」という行為を習慣化することで「書く」という行為も、同時に習慣化することが出来るんですよ。

 

走ることは昨日の自分を超えること

また、このようにも言われています。

 

昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと、それがより重要なのだ。

 

長距離走において勝つべき相 手がいるとすれば、それは過去の自分自身なのだから

 

毎日ランニングをしていると、「昨日よりもタイムが縮まった」「息切れする頻度が少なくなった」といったように、昨日の自分との違いを感じることが出来るようになります。

これは過去の自分と現在の自分を比較することを意味します。

 

“過去との違いを意識”することで、「改善するべきこと」が浮き彫りになる。

その結果、改善すべき点に修正を行うことで成長していくことが出来るんですよ

 

実際ぼくも「走る」ことを習慣として取り入れています。仕事が終わった後など、一日の終わりには走るようにしているんですね。

ランニングをし始めるようになって、肌感覚として上記のような効果があることを非常に実感しています。

 

走ることで前向きになれる

また、走ることで僕が一番良いと思うことは、”ネガティブな思考を吹き飛ばしてくれること“です。

元々、僕は落ち込みやすく、ネガティブ思考の堂々巡りになってしまうことが多いです。

 

でもそんな時に走ると、一気にそんな気持ちはどこかにいってしまうんですね。

 

汗をかいて、全身を動かすことで気持ちがすっきりします。

それに加えて、無我夢中で走ることによって、頭の中がからっぽというか、上手く整理されるんですよ。

嘘のような話ですが、ほんとの話です。

悩みを抱え不安な気持ちになった。

そんな時、みなさんもぜひ一度ランニングを行ってみてください。肌感覚でその効果が実感できるはずですよ。