これからの時代を生きる力

“人を動かす”には、”自ら動きたくなる気持ちを起させる”こと 

先日、D・カーネギーの名著「人を動かす」を読みました。

カーネギーと言えば、本著を含め「道は開ける」も非常に有名な作品であり、「人間とは何か?」という誰もが持っている、普遍的な悩みを解消してくれる名作を多数残している人物です。

雑誌記者、俳優、教育講師など、様々な仕事を行ってきた中で導き出された彼の知見は、多くの人の心を打ち、生きる道しるべとなってくれることでしょう。

 

僕自身の話で言えば、今まで自己啓発本といったジャンルは苦手な分野でした。大抵の本には、どこかで聞いた事ばかり書かれていますし、「前向きになろう」的な文章が多く、温度の低い自分には合わないと感じていたからです。

 

けれども、この「人を動かす」はそのような本とはまったく違いました。

表面的な言葉ではなく、自らの経験とインタビューに基づいて記述される一つ一つの言葉は、重く優しく心の奥底に染みわたってきたからです。

今まで多くの本を読んできましたが、こんな風に思える本と出会えることは非常に稀なことでした。

今回は、その中から「人を動かす」ために重要なことを書いてみようと思います。

人の悪口は言わずに誉めること

人を批判することは簡単です。批判すれば相手よりも立場が上になった気分になり、気持ちのいいことでしょう。

自分は何もせず、人の上に立つことが出来る。

ですので、他者への批判は世の中に溢れています。テレビを付ければ、政治家や芸能人は批判を浴びていますし、職場に行けば誰かの悪口が聞こえる。

自分は努力しないにも関わらず、誰かを批判する行為は簡単なので、多くの人が手軽に手を出してしまう行為なのですね。

 

しかしカーネギは、こんな事をしていては、周りは誰もついてきてくれないと言います。印象的な文章があったので、引用してみます。

若い時は人づきあいが下手で有名だったベンジャミン・フランクリンは、後年、非常に外交的な技術を身につけ、人を扱うのがうまくなり、ついに、駐仏アメリカ大使に任命された。

 

彼の成功の秘訣は「人の悪口は決して言わず、長所をほめること」だと、自ら言っている。

 

人を批評したり、非難したり、小言を言ったりすることは、どんな馬鹿者でもできる。そして、馬鹿者に限ってそれをしたがるものだ。

 

理解と寛容は、優れた品性と克己心を備えた人にしてはじめて持ち得る徳である。

 

誰でもそうだと思いますが、悪口を言われた相手を好きになる人はいませんよね。

自分が悪かったとしても、非難されたとなれば「こんちくしょう」という気持ちになるはずです。

 

カーネギーが言いたいことは、怒りが湧いてきて相手を非難したくなった場合でも、相手を褒めろと言っているんですね。どんな人にもどこかしら優れた部分があります。

 

怒りで頭に熱が昇っているのであれば、一旦熱を冷まし冷静になる。そして、相手のいい所を見つけて褒める。

 

これは、誰もが簡単に出来ることではありませんが、だからこそ価値があるのです。徳を身に着け、優れた品性を備えた者のみがする行為なのです。

 

重要感を与える

カーネギーは、人を動かすためには”たった一つ”しか方法はないといいます。

それは一体何なのでしょうか。

人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。この事実に気づいている人は、はなはだ少ないように思われる。

 

しかし、人を動かす秘訣は、間違いなく、一つしかないのである。すなはち、自ら動きたくなる気持ちを起させることーこれが、秘訣だ。重ねて言うが、これ以外に秘訣はない。

 

人を動かすためには、”自ら動きたくなる気持ちを起こさせる”。

 

それが、カーネギーが出した結論でした。

では、どうすれば、そんな気持ちにさせることが出来るのか。

 

それは、“他者の長所を考えるようにしてみる”ことです。

 

人は誰でも、自分の事が一番大事なものです。何か問題があれば、自分の事ばかり考えて日々を過ごしてしまいがちです。

そこで、しばらくの間は自分のことを考えるのは止め、他者の長所を考える。他者の真価を認めようという、意識を持つことでが大切な心がけなのです。

印象的な文章があったので最後に引用させてもらいます。

 

深い思いやりから出る感謝の言葉を振りまきながら日々を過ごすーこれが、友を作り、人を動かす秘訣である。

 

最後に

さて、今回は「人を動かす」ためには何が必要なのかを書かせてもらいました。「人を動かす」と聞くと、「何を上から目線な!」と思われるかもしれませんが、本著で語られている内容は、まったく傲慢ではなく、どうすれば”他者といい関係性”が築けるかにフォーカスしたものになります。

ぜひ一度手に取ってみてください。僕の見える世界が変わったように、皆さんの生活にもきっと変化が起きるはずです。

それでは今日はこんな感じで。

グッドラック!