仕事観

流行の最先端を走るお店の作り方は、”文化屋雑貨店”を読むとよく理解できる

1974年、28歳で文化屋雑貨店を始めた長谷川義太郎さん。独特のクリエイティブな空間を持つお店は、常に時代の最先端を突き進んできました。

参考:文化屋雑貨店とは?

キッチュなモノからすてがたきモノまで 文化屋雑貨店

一体なぜ長谷川さんは、時代の流行を先取りし、世の中に革新を起こし続けることが出来たのでしょうか。

 

お店の経営やモノづくりに対する意識・考え方、長谷川思想のすべてが記されている一冊です。

 

人は「消費する側」か「生産する側」の2種類

人間のタイプって大別していうと、「買う側の人」「売る側の人」の二つのタイプに分かれると思うんだ。(省略)たぶん、お豆腐屋さんはケーキ屋さんに行っても、そうは簡単に買わないと思う。

 

お豆腐はどういう豆で出来ているかってことは当然知っているわけだけど、それがあるから、なんとなくケーキのこともわかっちゃう。原価とかね。そうなると、そうは簡単には買えないものなんです。

 

人は「買う側」と「売る側」に分かれるという意見にはとても納得しました。僕自身、「古本販売」という商売を行っているため、物の原価といった、数字について考える機会多いです。

すると、お店に行った時も、「この商品の元値はどれくらいだろう」「販売することによって利益は何円になるのか」といったことを、自然と考えるようになるのですね。

 

常に売る側の立場で考えてしまうため、どうしても商品の購入に慎重になってしまうんです。

 

それに、モノを作る側や売る側は、色んな物を見たり、作ったりしてきたので、物を買うことが出来なくなってしまうものなんですね。

 

仕事は成果が見えることで楽しくなる

世の中にいる人の多くが行っている仕事は、その成果が本人に直接返ってきません。

例えば、工場のラインで働いている人は、作ったものがどういう評価をされるかわかりませんし、どれくらい売れているのかも知らないでしょう。つまり、作った物に対する結果が、本人にフィードバックされないのです。

 

それでは、仕事のモチベーションを高く保つのは難しいかもしれません。仕事の面白さや楽しさは、”社会に対して役に立っている”ことを実感して初めて生まれるものだからです。

 

長谷川さんも次のように言っています。

あとね、その会社でデザインをしてるときにイヤだったのが、自分がやったデザインがどういう評価をされるのか、どういう影響力を持つのかが、よくわかんないってこと。

 

長谷川さんがサラリーマン時代、デザイン会社で働いていた時のことです。半年間かけて煮詰めたデザインを、偉い人の一言で反故にされたそうです。今まで、強い想いを持って作品つくりに精を出していたにも関わらず、一瞬で一蹴りされてしまったんですね。

 

これは、上司がすべてのサラリーマン世界では当然のことなのかもしれません。けれども、長谷川さんは、この構図がバカバカしく思えてしまったそうです。

 

その結果、会社を飛び出して面白いもの・楽しいことを追及するようになります。会社にイヤイヤ行く人間ではなく、面白いことをやっている方が絶対いいと思ったからです。

 

常識に囚われないことが大切

一番最初の文化屋は、それまでの問屋さんとか流通の、第一次産業、第二次産業、第三次産業的な壁をなくしちゃうことをやったの。

 

問屋さんに買いにいかなくちゃいけないところを、ほかで仕入れるっていう。

 

物は問屋から仕入れる。現在では、自社生産をしている会社も多いですが、当時は、商品は問屋から仕入れるのが一般的でした。それにも関わらず、長谷川さんは、問屋を通さずに独自の仕入れで商品を集めていきます。

 

常識に囚われないことで、”文化屋にしか”出来ない仕入れを実現したのです。もちろん、仕入れの方法や業界の慣習を深く理解していなかったことも要因の一つでしょう。しかし、自分の今できる選択肢の中で最善を尽くした。その結果が、のちの文化屋が流行を先取りし続けた理由になったはずなのですよ。

 

自分の「好き」なことをするのが仕事

お金にならなくても「こいつは面白い」とかさ、面白そうなやつに褒められたりしたら、図に乗ってやっちゃったり。

 

それで儲からなくても全然平気。だって面白いんだから。

 

本来、「仕事」っていうのは、「自分のやりたいこと」をするのが「仕事」なんです。

 

楽しいこと・面白いことを「仕事」にする。これを実現出来ている人がどれだけいるでしょうか。仕事は一般的に辛く苦しいものである。そうした考えが社会の根底にあるため、嫌な仕事でも「そういうものだと」思って続けている人は多いのではないかと思います。

 

けれども、長谷川さんは、「仕事」は儲からなくてもいい。楽しければいい。そう言い切ります

 

自分が楽しんでいないのに、人を楽しませることは出来ません。自分が面白くないのに、人が面白がることは決してないでしょう

 

この本を読んで思いましたが、そもそも、興味のない面白くないことを「仕事」にするという、根本が間違っているのかもしれませんね。

 

あとがき

面白く、楽しく生きたい。その手段の一つが長谷川さんにとっての”文化屋雑貨店”でした。

自分の思いに従って行動することで、道が開けてくる。そして、周りが付いてくる。この本を読むことで、長谷川さんの経験してきたことを追体験できることでしょう。

 

 
 
 
参照:『文化屋雑貨店』 長谷川義太郎