WEB運営

口下手な人ほどブログに向いている? 文章力と会話の上達は繋がっている

「自分は口下手だ」と感じている人って多いんじゃないかと感じています。

そんな人こそ、ブログをやって見るべき!

私はそう思っています。

今回は、なぜ口下手ほど、ブログを始めるべきかを説明していきたいと思います。

 

そもそもなぜ口下手なのか

口下手の人は、会話が苦手な理由として

  • 人の顔を気にしてしまう
  • 意見を否定されたらどうしよう

といった、心理的な側面を挙げがちです。

もちろんそれらは、口下手の大きな要因となっているのは事実でしょう。

ただ私は、

「言いたい事はあるけれども、どうやって伝えたらいいかが分からない

ことも関係しているんじゃないの?と思っています。

私自身、「相手に自分の意志を伝える」のが苦手です。

「伝えたいこと」は頭で理解出来ているのですが、結論に辿り着くまでのプロセスを、どう表現していいのかがわからないのです。

つまり、「結果に辿りつくまでのプロセスが分からない」ということです。

例えば、みなさんが「東京へ行きたい」とします。

その際に考えられる交通手段として、

  • 飛行機
  • バス
  • ヒッチハイク

といった、様々な手段が思い浮かびます。

また、手段を選んだ後は、

  • どんな経路で行くのか
  • 途中で寄り道をするのか

といった、詳細を決める必要があるでしょう。

ここでは、

  • 東京 = 目的
  • 交通手段 = プロセス

なのです。

言葉にするためには、自分がまず何を喋りたいかを理解する必要があります。

その上で、「必要なパーツはどれだろうかと考え、組み合わせること」で、言葉に出して伝えられるようになるのです。

口下手な人は、パーツを組み合わせる作業がとっても苦手。

頭の中が、整理整頓されていない机と同じような状態になっているのです。

会話もこれと同様で、会話の目的地(=伝えたいこと)へ辿り着くまでには、それぞれの話し方(=プロセス)があります。

口下手の人は、プロセスを選択するのが苦手なのです。

 

言葉を整理しておくと、話せるようになる?

もしきちんと整理整頓されていれば、

「ペンはペン立ての中、ノートは机の1段目の引き出しにある」

といったように、必要な時にはいつでも取り出せるでしょう。

けれども、置いた場所がバラバラだと、必要な時に探しだすことが出来ません。

欲しい時に限って「ここではない、あそこでもない」と色々な場所を探して、時間を浪費すしてしまいます。

実は会話も、これと同じなんです。

言葉を整理して、結論までの筋道を一本通しておく。

頭の中が整理されていれば、自分の気持ちを正確に表現することが出来るんです。

大切なことは、必要な時困らないように、「どうやって伝えるか」を準備しておくことです。

事前に準備しておくことで、スムーズに言葉を操れます。

用意が出来てないと、適切な言葉が出てこなくなってしまうんです。

 

“思考を整理するため”に、文章を書こう!

では、どうやって思考を整理すればいいのでしょう?

ここで、有効な方法としてオススメなのが文章を書くこと、たとえばブログを書いてみるコトです。

ブログを書くことは、世の中の顔の見えない人たちに向けて、自分の考えや思いを発信することを意味します。

そうすると、

「どうすれば、相手に伝わる文章が書けるのか」を必死で考えることになりますよね。

書き方一つで、伝わる印象は変わりますし、独りよがりな書き方をしてしまうと多くの人を傷つけてしまう可能性だってあります。

「ペンは剣よりも強し」という言葉が存在するように、言葉一つで、人を勇気づけることも傷つけることも出来てしまう。

言葉は使い方次第で、薬にも毒にもなるのですね。

 

“文章について考える”ことが、上達への近道

こうした状況におかれると、書き手は「文章について」考えるようになります。

「この書き方はまずいかも」

「この表現にした方が、伝わりやすいんじゃない?」

といったように。

また、他の人が書いているブログを読んだり、文章の書き方を勉強するようになるかもしれません。

そうしたすべての行動が、あなたの文章力を向上させていくのです。

例えば学生時代、テスト前になると必死になって勉強しませんでしたか?

私はいつもそうでした。 普段はまったく教科書を開くことすらしないのに、いい点を取らなければ成績が悪くなる、親に怒られるといった気持ちが、私を勉強机に向かわせたんです。

このように、

人は必要に迫られると、必死になるので物事を吸収しやすいです。

そのため、いかにそうした環境に身を置けるかが大切になってきます。

ブログを読んでくれる人のために、「文章をいかに伝わりやすく書くか」。

ブログを書く=必要に迫られる環境

に身を置くため、上達のスピードは劇的に向上すると思います。

 

ブログを書いた結果どうなった!?

私は実際に、ブログを書き始めてから、苦手だった

  • 文章の作成
  • 相手に物事を伝えること

への苦手意識が少なくなりました。

仕事のメールを書く際には、「文章の構成」や「必要のない文字を削ぎ落とせる」ようになりました。

今まで、何が言いたいか良くわからなかった文章は論理的になり、相手に想いを伝える際、ある程度の道筋を用意してから、説明できるようになったのです。

これも必要に迫られて、文章について考えた結果なのだと思います。

そんなのあなただから出来たこと。

そう言われてしまえばそれまでですが、実際に私はブログを書くことによって、いい影響を受けています。

みなさんも一度試してみてはいかがでしょう?