WEB運営

ブログを継続して書くコツは、「ブログの型を作る」こと

毎日ブログを更新していると、「今日は書く記事が浮かんでこないな」「もうネタを出し尽くしてしまった」という日がいつか来ることだと思います。

人間調子のいい日があれば、悪い日もあるのでそれは当然のことです。ただ、調子や気分といったもので記事が左右されていては、継続してブログを書き続けることは難しいです。

また、書き続けていればいずれ記事のネタは枯渇してしまうので、悩むブロガーの方も沢山おられることでしょう。

そこで今回は、「どうやって定期的にブログを書いているのか?」というお話しについて少し書いてみようと思います。

 

型に当てはめることで、筆が進む

どれだけ文章を書くのが得意な人であっても、毎日継続してブログを書き続けるのは簡単なことではありません。では、どうしてブロガーさんは定期的に記事をポストし続けられるのでしょうか。

 

それは、“ブログの型”を作ることによって、定型化された型の中に大まかな内容を流し込んでいるからなのですね。

 

例えば、このブログでは次のような項目を作っておき、内容を当てはめてから文章を書き始めることにしています。

 

・何を伝えたいか

・その理由

・根拠

・誰に届けたいか

・読み手にとってのメリット

・読み手に起こして欲しい行動

[最後に]

結論

それでは今日はこんな感じで。

グッドラック!

 

僕の書いている文章は、大抵がこの型にあてはめているだけです。多少の微差はあったとしても、ほとんど変わりはありません。

過去の記事を遡ってもらえばわかってもらえるかと思いますので、興味のある方は他の記事も参考にしてみてください。

 

どんな記事にも型がある

ノウハウ記事、考察記事、インタビュー記事といったように、記事の種類は沢山ありますが、どんな記事にも型が必ず存在します。

一度自分の好きなブログや本を読みなおしてみてください。型の存在を意識して読み直してみると、「ああ、この人の文章はこの型に流し込んでいるだけかもな」と型の存在を実感できるはずです。

 

自分の型を持っていないと、他人の型には中々気がつかないかもしれませんが、自分の型を作ろうと意識してみることで、他人の型を発見出来るようになるのですね。

 

毎回一からオリジナルの記事を書ける人は、そういません。まずは、自分の型を作ることが大切です。そして、型が出来たらその型に流しこむことです。

定型化することによって、文章を書く筆のスピードは格段に向上するはずです。

 

記事を書くにはネタ集めから

記事を書くためには、ネタが必要です。前提となる知識や考えがないと、何を書いていいのかわからないですしね。

 

ネタといっても大げさなものではなくて、日常の些細な感情であったり、疑問に思ったことなどちょっとしたことで構いません。

 

意外と”今”感じた事や”今”考えたことというのは、後から思い出そうとしても思い出すことが出来ません。ですので、メモ帳を持ち歩くなり、携帯電話に書き残すなり、思いついた時にはひたすらメモに残しておきましょう。

 

そして、ある程度情報が集まった所で、「伝えたいこと、理由、根拠」といった型に流し込んで、記事を書き始めるのです。

日々考えていることの断片を繋ぐ作業。それがブログを書くことなのかもしれませんね。

 

最後に

ブログを継続して書きたいのであれば、まずは自分の型を作ることからはじめてみましょう。好きなブログや本を読んで参考にしてもいいですし、たたき台として僕の使っている型を試してみるのもありなのではないかと思います。

 

そして、ある程度型が出来上がったら、プラスアルファとして自分のオリジナリティを付け加えていく。

 

そうすることによって、いつの間にか他人の型が、自分オリジナルのものに変化しているはずです。

 

この記事が読んでくれたみなさんの参考に、少しでもなればとても嬉しく思います。

それでは今日はこんな感じで。

グッドラック!