仕事観

他人のミスを責めるのではなく、会社の”システム”を変えるべき理由

会社内でミスが発生した場合、まず初めに行われるのは”誰が失敗したのか?”といった犯人探しではないでしょうか。

例えば、書類の記載を間違ったり、電話での対応に失敗したとします。その場合、みなさんはミスした相手に対して、どのような対処をされるでしょうか。

今回は、失敗をした時に大切なのは、“ミスが起こるシステムを変える事”というお話しをしてみようと思います。

 

人は感情の生き物

恐らく失敗した社員に対して、「なぜ失敗したんだ?」と問い詰めたり、「やる気がないのか?」いったように、説教まがいの事をすることって多いんじゃないかと思います。

この際、責められた人は「すいませんでした、申し訳ありませんでした」と頭を下げることでしょう。

反省し、今後の自分の在り方について問い直しているのかもしれません。あるいは、本当は心の中ではまったく反対の想いを抱いているのかもしれません。

「なんで責められないといけないんだ!」といって、心の中では腹を立てている可能性もあるのです。

 

仕事に失敗はつきもの。”失敗しないシステム”を構築しよう

また、人間は必ずどこかで失敗するものです

いくら気を付けていたとしても、調子の良し悪しもあるだろうし、ロボットのように正確無比な仕事をすることはどうしたって難しいのです。

ですので、ミスは必ず起こると考えた上で、対処法を考えた方が得策なんじゃないかと思います。

まず、ミスをした本人を責めるのではなく、「なぜ失敗が起きたのか」という背景を考えます。

その上で、”失敗が起きにくい”システムを構築するのです。

例えば、業務手順を間違ってしまったのであれば、それはその手順の中に、ミスを誘発するような箇所が含まれていたということになります。

それならば、ミスが起こりそうな部分に、注意書きをしたり、チェックリストを作ったりして対処することで、ミスが起こる確率は格段に下がるでしょう。

ミスをした人間ではなく、システムに不備がないかを考えましょう

 

一歩引いて、原因を見つめ直す事で改善するべき部分は変わるものなのです。

 

あわせて読みたい
仕事で落ち込んだ時の対処法を考えてみた仕事をしていれば、大なり小なり、大変だと感じてしまう部分があります。 思い通り気持ちに行かなくて失敗したりと、落ち込んでしまう事もある...

 

 

他人を責めるのは簡単

ただ、実際の職場でこのような考えを適用している所は、少ないんじゃないかと思います。

ミスが起きれば、原因を問い詰めて、叱責や説教を繰り返す人は多いです。

権力を利用して、部下や若手に対して暴言を吐いてしまう人だっていることでしょう。

部下の失敗を被るのは上司の責任です。

 

頭では理解出来ていても、感情の部分として、理解して咀嚼することは案外難しい事なのです。

他人を責める事は簡単で、誰にでも出来る行為です

なぜなら感情に任せ、考える必要がないからです。しかし、ミスをした背景にまで目を凝らし、原因を見つめ、システムを改善するのは誰にでも出来る事ではありません。

本来であれば、上の立場にある人間がやるべき事なのだとは思うけれど、簡単には出来ない。

でも、上の立場に立つ人間としては、本来やるべき事であって、もし出来ないならその立場にいる器ではないのだろうと私は思います。

 

あわせて読みたい
「立場の違い」を「実力」だと勘違いしてしまうのは、自分に自信がないから営業マンをしている時、とある取引先に行く機会がありました。納品している機械が上手く動かないので、修理をお願いしたいとのコト。 現場に到...

 

 

上司の器を見極めるのも大切

もしミスを部下の責任にして、他人を責めているような上司がいれば注意した方がいいでしょう。

ある程度の距離を置き、火の粉が降りかかってこないようにする方が賢明かもしれません。

失敗して怒られたり、責任をなすりつけられたりしたら、今回の話を思い出してもらえたらと思います。

しかしたら、上司は失敗を押し付けるだけで、部下を導くだけの能力が足りない可能性もありますから。