僕たちの生存戦略

病気をしたからこそ、見える景色がある アトピーから学んだもの

アトピー。

幼い子どもたちがよくかかるこの病気は、大人になってからも発症することがあります

私自身、20歳を超えてからアトピーになりました。

一般的なアトピー患者は

  • 顔が赤くなる
  • 皮がボロボロに落ちている
  • 不潔っぽい

といった特徴を持っています。

不規則な生活をしているから病気になるんだよ

ちゃんと洗わないからだ

そんな風に思われている方もいるでしょうし、命を落とす病気ではないため、軽い目で見られているかもしれません。

 

しかし実態はそんなに生易しいものではありませんでした

アトピーは本当に苦しい病気あり、人生を簡単に狂わせる力を持っています。

私自身、この病気になってからというもの、”当たり前”の生活が送れなくなりました。

今回はアトピーになってみて、感じたことを書いてみようと思います。

 

突然訪れた違和感

大学生の頃、突然顔に痒みが出てきました。

初めは少し顔が赤くなってるなという程度でしたが、日を追うごとに少しずつ痒みは増していきます。

当時は、アトピーの知識が殆どなかったため、一番やってはいけない痒いので掻く”という行為を繰り返してしまいました。

次第に私の顔は、少しずつ皮がボロボロと剥けるようになっていきます。

ただこの頃は、友人と遊びに行ったり、授業に出る際も気にはならない程度でした。

 

就職した後

大学を卒業した後、私は鉄鋼商社で働きだします。

営業職ということもあり、外回りの毎日でした。

真夏の炎天下であっても取引先を回り、お客様との交渉や納品物の荷下ろしなど、一生懸命仕事に取り組みました。

汗だくになりながら毎日を過ごした結果、少しずつ症状は酷くなっていきました。

初めは赤みだけだったのに、顔からは黄色い浸出液が溢れ出し、顔中を液体のかさぶたが覆うようになります

皮膚は象のように固く、痒すぎて顔に手がどうしても伸びてしまいます。

仕事に集中したいけれど、常に痒みと格闘し続けるという、気が狂いそうな日々を過ごしました。

これには、鉄工所を訪問しなければならないという職場環境も関係していました。

衛生面の悪いホコリや油まみれの工場内で、機械を修理することもありましたので。

 

アトピーの悪化

私は営業という仕事を、いつの間にか大好きになっていました。

就活をしていた当初は、営業職にだけはなりたくないと思っていました。口下手だし、人とのコミュニケーションが苦手な自分では、務まらないと感じていたからです。

しかし、たまたま受けた商社に内定し、職場で揉まれる内、心情に変化が。

沢山の人と関われる、こんなに刺激的で面白い職種はないんじゃないか?

と。

もしかしたら同僚を含め、取引先の方が優しくしてくれたから、そう思えたのかもしれません。職場は人間関係がすべてだと聞きますし。

しかし、その想いとは対照的にアトピーの症状はどんどん悪化していきます。

 

顔は湿疹だらけになり、黄色い浸出液が顔中から溢れ出します。

 

夜は痒みで眠ることが出来ず、日中はイライラして仕事に集中出来ませんでした。

マスクで見た目を隠していましたが、あまりにも湿疹が酷すぎて、液体がマスクから滲み出す始末。

取引先の方にも「大丈夫か?」と心配されるまでに、重症化していきました。

休日は平日の仕事を乗り切るために、ひたすら体力の回復に充てます。

皮膚細胞を活性化させるために、ひたすら寝る。

入浴がいいと言われれば温泉まで通い、漢方がいいと聞けば高くても取り寄せる。

すべてはアトピーを少しでも和らげるためであり、そうしなければ、日々の仕事をこなす事は困難でした。

正直悔しくて、苦しくてたまりませんでした。

周囲の人たちには簡単に出来るのに、自分には出来ない。

貴重だとされる20代を、病気と共に過ごし、いつまでも苦しみ続けるのかと。

健康であればもっと仕事を頑張りたいし、恋愛もしたい。でも体がどうしてもついていかない。

なぜ自分がこんな目にあうのか。

私は自分の境遇に対する怒りと、何も出来ない無力さにやるせなさを感じました。

そして”健康であること”の大切さを痛感したのです。

 

1年半で仕事を失った

そして、

もうこれ以上は頑張れない。。

という言葉が口から出たのは、就職して約一年半後でした。

上司を前に、いつの間にか口から言葉がこぼれ出てしまっていたのです。

「もう辞めます。。。」

私はせっかく好きになった営業の仕事を、アトピーによって失うことになったのです。

 

病院を探す日々

退職する前、私は一年間に6件ほどの病院を転々としました。

町にある小さな医院、大学病院など、藁をも掴む想いで病院通いを続けました

けれども、皮膚科は意外と適当なもので、先生によってまったく違う診断や処方箋を渡されました。

保湿を勧めてくる先生。大量の薬を飲むように指示する先生。処方される塗り薬も先生によって異なっていました。

そうしたこともあり、私は病院を信用する事が出来なくなりました。

いくら通っても一向に良くならない。こちらの苦しい思いが先生に伝わらない。

治らない怒りと不安から、先生と口論になり、気まずい想いをした病院もあります。

それくらい、もう一生治らないのではないかという絶望と恐怖に、心が支配されていたのす。

 

ようやく信頼できる名医に辿りつく

退職後、私はようやく信頼できる先生と出会いました。ようやく原因探しの旅が始まるのです。

皮膚の一部を切除しての検査・アレルギー試験など様々な治療をしました。

実はこの時点では、かゆみの原因が特定出来ていなかったのです。

どの病院にいっても、大したことのない皮膚病として扱われたため、私は藁をもつかむ思いで治療に励みました

そして、最終的に出た結果は「アトピーの疑いがある」という結果。

今まで原因がわからず、絶望の中にいた心の中に希望の光が差した瞬間でした。

 

アトピーは完治が難しい病気

しかし、その希望も長くは続きませんでした。

アトピーという病気は、

  • 足を骨折した
  • 手術すれば治る

という類の病気ではありません。

基本的には、塗り薬の対処療法で炎症を抑えることしか出来ません。

 

あくまで治すのではなく「炎症を抑えるだけ」なのです。

 

何をやったら完治するかも分からない。人によっては、急に良くなる人がいる一方で、いつまでたっても完治しない人がいる。

特定の治療法がなく、薬に頼るだけでは簡単には治らない。それが、アトピーの怖い所です。

薬を塗り始めた当初は、

よし!これでいつでも外に出行ける。かゆみを気にせず日常生活が送れるんだ!

そんな希望に満ち溢れていました。

なぜなら、薬を塗り始めると、塗った数日間は症状がほとんど出なくなります。ステロイドのパワーは凄まじく、

まるで魔法をかけたように、あの気が狂いそうなかゆみから開放されるのです。

けれども数日経つと、リバウンドが起こります。

再び黄色い浸出液が溢れ出し、痒みが顔を襲うようなります。その度に、気分は奈落のそこにたたき付けられました。

 

治療から2年が経った

現在の私は、IT企業で内勤の仕事をしています。

汗を掻くのが怖いため、外で動き回るような仕事は出来ないと判断。結果、室内仕事を選びました。

治療から2年経った今でも、この皮膚のかゆみと戦っています。

かゆみの強い時は、夏場であろうとマスクが手放せません。

アトピーは出たり引いたりを繰り返すため、一喜一憂の繰り返しを続けています。

仕事中であっても、かゆみが強い時は集中できないため、普段の何倍もの気を遣います。

休日であっても、外に出て食事にいけるような日は多くありません。大半は平日のために、寝て過ごしています。

※追記(2018年7月)

仕事を辞めてから約3年。

ようやく、アトピーの苦しみから解放されつつあります。

自分の中で、

  • 何をしたら症状が悪化するか
  • 対処の仕方はどうするか

が理解出来つつあるためです。

無理せず、気長に治していきたいものです。

 

最後に

私たちの人生は、病気で簡単に変わります。

病気になれば日常生活すら、満足に送れなくなるからです。

私は調子が戻りつつありますが、いつぶり返すかわからない恐怖はいつも心の中にあって、心の底から安心出来ない状態が続いています。

いつも皮膚病にのど元を握られている気分なのです。

私が病気になって分かったコトは、“人間にとって健康ほど大切なものはない”ということです。

あわせて読みたい
まさか仕事に限界を感じるなんて... 無理しない勇気を。無理をしないことは簡単なようで、難しいです。 「やらなければならない事」、「やりたい事」は次から次へと思い浮かんできますし、頑張り屋な...

 

良い仕事に就いて、お金持ちになって、幸せな結婚生活に囲まれていようとも、健康を失った途端、世界は灰色に変わります。

自分の身体が悲鳴を上げているなら、一歩立ち止まるコトが大切です。

心の声を聴いて、本当に今の状態を続けていいのか話合う事。

無理をせず、身の丈にあった生活を。

人生で最も大切な事を病気に教えてもらいました。

 

苦しい時は、この本

病気で苦しい時は、周囲の明るさに付いていく必要はありません。

まずやるべきことは、今の状況を受け入れること。

20世紀の思想家、”吉本隆明”は本書の中で、”明るいのはいいことではない”と述べています。物事には、必ず良し悪しの両面があり、善悪二元論的な物の考え方をしてはいけないと。

本書を読めば、病気と向き合うヒントのようなものが書かれていると私は思います。